bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • Vertu(ヴァーチュ)、2月に日本の携帯電話市場に参入。
  • Vertu(ヴァーチュ)、2月に日本の携帯電話市場に参入。
    先日、日本市場への端末供給を打ち切ったノキア傘下のVertuがNTTドコモのMVNOで日本の携帯電話市場に参入すると発表しました。

    年明けに日本の第1号直営店をオープンさせ、同日からVERTUブランドの携帯電話の予約販売を開始するようです。

    富裕層向けに600万円~400万円の携帯電話を販売。

    ゴージャスケータイ「VERTU」、2月に日本市場に参入――ドコモのMVNOで – ITmedia +D モバイル

    ノキア傘下となるVertuは他社の回線を借りて携帯電話事業に参入するMVNOを利用して日本の携帯電話市場に参入すると発表しました。

    2009年2月19日(木)に日本の第1号直営店となる「Vertu銀座フラッグシップストア」をオープンし、同日からVERTUブランドの端末の予約販売を開始するとのこと。

    VERTU銀座フラッグシップストアで取り扱われるのは高級素材を使い職人が組み立てた「シグネチャー」とスポーツカーをモチーフにし、素材やデザインを追求した「アセント・ティー・アイ」の2つ。

    さらに2009年の第2四半期を目途に、プレミアメンバーシップサービスの「VERTU Club」をスタートさせる予定。2009年2月19日から受け付けた予約分の端末はこのサービスのスタート後に届けられるようです。

    端末価格はシグネチャーの「ステンレススチール」が121万円、「イエローゴールド」が335万円、「ホワイトゴールド」が370万円。アセント・ティー・アイは「レッドレザー」、「ブラックレザー」、「ブラウンレザー」が67万円、「メタリックグレー・レザー」、「パープルレザー」が80万円となっており、フェラーリをモチーフにした「アセント・ティー・アイ フェラーリ ロッソ」、「アセント・ティー・アイ フェラーリ ジャッロ」は94万円となっています。

    3G対応のSIMロックフリーの端末を先行販売するなど日本には無かったサービスや端末を提供するようです。日本の携帯電話市場が飽和状態にある中でVertuでは「数年にわたる市場調査を行った上で日本市場への参入を決めた。(マス向け端末を提供するNokiaとは)顧客もビジネスモデルも戦略も異なり、富裕層に向けた携帯電話サービスは、日本市場でも可能性があると見ている」とコメントしており、市場が冷え込む中でも需要は見込めるようです。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    9件のコメント
    • あまちゅっちゅ
      No.6421

      こんなの外に持ってけないよww
      怖すぎるよww

    • 匿名
      No.6422

      これで防水とかなら欲しいな。海で使えたらかなりうれしい

    • 匿名
      No.6423

      分かっているのにヴァーチェが介入に見えた

    • シーマスター
      No.6424

      携帯のROLEXですね
      カードでAMEXプラチナ以上持ってる人向けですね。

    • 名無しさん
      No.6425

      二・三年で撤退とかならぬように祈っときますか

    • 匿名
      No.6426

      安くても400万円はする携帯電話って・・・。

    • 匿名
      No.6427

      俺、マジで買う

    • PON
      No.6428

      いや、一番安くて67万円でしょ。
      これで2年ならぬ5年縛りプランとかができるのなら、購入する人多いのでは?

    • 土田勇貴
      No.6429

      通称セレブフォン?
      懸賞品なら欲しいかな。
      絶対メディアが飛びつくな!
      駄犬もびっくりやわ(゜Д゜)

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー