bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • iPhoneアプリの開発者が承認プロセスの不満を理由に撤退。
  • iPhoneアプリの開発者が承認プロセスの不満を理由に撤退。
    Rogue Amoeba社の開発者であるポール氏がAppleの承認プロセスの不満を理由にiPhone向けのアプリケーションの開発から撤退することを同社のブログを通して発表しました。

    縛っちゃいけないものを縛ってる気がする。

    「iPhone」アプリ開発者、承認プロセスに不満で開発から撤退:モバイル – CNET Japan

    ポール氏は、パソコンに保存している楽曲をiPhoneまたはiPod touchで再生できる機能を持つ「Airfoil Speakers Touch」のアップデート版を作成し、App Storeで公開するためにAppleに承認を求めたものの、同アプリケーションがApple製品の画像を使用しているという理由で承認されませんでした。

    ポール氏によれば、承認されなかった理由となった画像は当初のバージョンでは認められていたようです。これを不満に思った同氏は、iPhone向けのアプリケーション開発から撤退を発表しました。

    自社製品でしか使用できないアプリケーションに自社の製品画像が使用されていて何が問題なのでしょうか?自社の製品でしか使えないとはいえ、自社製品の画像を使用してお金を取るというのがAppleには気にくわなかったのでしょうか?

    こういったAppleのアプリケーションの審査には多くの問題が潜んでます。アプリケーションに大きなバグがあって修正を入れても、審査が終わるまでユーザーに提供することはできません。
    そういった意味ではGoogleが提供するAndroidマーケットやマーケットを介さなくてもアプリケーションをダウンロードできるWindows Mobileは優れていますよね。iPhoneで利用できるアプリケーションと比べて機能の追加やバグの修正といったレスポンスが遙かに良いです。
    開発者目線でも、バグがあればすぐに修正したり好きなタイミングで提供できるAndroidやWindows Mobileの方が開発しやすいのではないでしょうか。

    今後もAppleが今の様な方針でアプリケーションストアを運営していくのであれば、今回の様に開発者が開発を止めてしまうというケースが増えていくかもしれません。せめて審査制度を止めるか審査を簡易なものにしてもいいでのは?
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー