bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • NTTドコモ、パケホーダイとBizホーダイを統合へ。
  • NTTドコモ、パケホーダイとBizホーダイを統合へ。
    NTTドコモは、「Bizホーダイ ダブル」を「パケホーダイ ダブル」と統合し、「Bizホーダイ シンプル」を「パケホーダイ シンプル」と統合すると発表しました。

    これにより、iモードのみのパケット通信は月額4410円、スマートフォンを使用すると月額5980円、PCを使用すると月額1万3650円となります。

    SIMフリーのスマートフォンは、PC扱い?

    ドコモからのお知らせ : パケ・ホーダイ ダブル/Biz・ホーダイ ダブル及びパケ・ホーダイ シンプル/Biz・ホーダイ シンプルの統合のお知らせ | お知らせ | NTTドコモ

    NTTドコモは4月1日(木)から「Bizホーダイ ダブル」を「パケホーダイ ダブル」と統合し、「Bizホーダイ シンプル」を「パケホーダイ シンプル」と統合すると発表しました。

    これまでは、「パケホーダイ ダブル」を契約し、スマートフォンでパケット通信を行った際の上限額は月額1万3650円でしたが、4月1日からは月額5980円で利用することができます。なお、PCでパケット通信を行った際の上限額は1万3650円となっています。

    なお、スマートフォンでパケット通信を行った際の上限額を月額5980円で利用するには、スマートフォン定額対応アクセスポイントに利用する必要がありますが、これは恐らくNTTドコモから発売されているスマートフォンのみしか利用できません。
    実際「Nexus One」でもスマートフォン定額対応アクセスポイントを利用する事ができず、月額1万3650円となっています。

    また、4月1日時点で「Biz・ホーダイ ダブル」を契約しているユーザーは「パケ・ホーダイ ダブル」に、「Biz・ホーダイ シンプル」をご契約のお客様は「パケ・ホーダイ シンプル」に自動的に移行されます。

    携帯電話とスマートフォンを同時に月額5980円という低価格で利用する事ができるというのはスゴイ・・・。
    恐らく今の所はSIMを入れ替えたりしなければパケット通信を行う事が出来ないのですが、これが片方にSIMだけ入れておけばもう片方の端末にSIMを入れなくてもパケット通信を行える仕組みが出来ればとても便利ですね。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    1件のコメント
    • 匿名
      No.7957

      SIMの入れ替えの手間は妥協します。だから、iPad用のSIMを出すのならば、今のパケホダブルをそのまま使えるようにしてほしい。
      あ、iPadは違う仕様のSIMだったかな?
      それならば入れ替えの手間はなしか。回線契約一つにSIMを複数持ちが可能になれば神対応と崇める。基地局あたりに認証の排他制御をするシステムで可能にならないかな。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー