bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • iPhone、独占禁止法に抵触か。米独禁法当局が調査?
  • iPhone、独占禁止法に抵触か。米独禁法当局が調査。
    iPhone OS 4.0の発表と共にクロスフォームコンパイラを用いたアプリの禁止の発表や、ヨドバシカメラなどのオンライン販売店でのApple純正品の販売を終了させるなど、どんどんクローズドな動きをみせるAppleですが、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、Appleが競争を制限する行為をしているかどうかを米司法省と米連邦取引委員会が協議しているとのこと。

    今回問題視されているのは開発環境の制限。

    iPhoneは違反? アップルを調査か 米独禁法当局 – MSN産経ニュース

    問題視されているのは、AppleがiPhone OS 4.0と共に発表を行った同社が指定した開発環境以外での開発の禁止や技術的なデータの第三者への提供の禁止の2つ。

    1つ目の開発環境の制限が発表された時に独占禁止法に抵触するのではないかという指摘はよく見られたので、今更驚くことでもありませんが、2つ目の技術的なデータの第三者への提供の禁止というのは具体的にどういったことでしょうか。

    AppleがiPhoneアプリの審査に落ちたアプリを他OSで配信することを禁止していることかと思いましたが少しニュアンスが異なるため、また違う事を指してるのかなーと。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    1件のコメント
    • No.8065

      遂に資本主義が終了へ 【今週のトピック】

      日本時間の5月6日午後、アメリカニューヨーク株が一時1000ドル近く急落しました。原因は大手企業のトレーダーが「billion」と「million」を間違ってしまったためといわれています。□ トレーダーの「b」と「m」押し間違えで、ニューヨーク株が一時-1000ドルの急落に&…

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー