bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • NTTドコモ、「ポータブルWi-Fi」を6月24日に発売。
  • NTTドコモ、「ポータブルWi-Fi」を6月24日に発売。
    NTTドコモは、2010年夏モデルの発表会で披露した携帯型Wi-Fiルーター「ポータブルWi-Fi」を6月24日(木)に発売すると発表しました。

    「ポータブルWi-Fi」の販売価格は3万4000円。サポートする通信方式は、W-CDMA。通信規格は下り最大7.2Mbps/上り5.7MbpsのHSPA、FOMAプラスエリアにも対応するとのこと。

    同時接続台数は6台。連続動作時間は6時間。

    「ポータブルWi-Fi」の特徴は、2.0GHzだけでなく、800MHzの利用が可能でNTTドコモが提供するエリアをフルに利用できる点や3G回線だけでなく、有線LANや無線LANが利用でき、さらにmicroSDHCカードスロットを備えていること。
    また、3Gが安定していれば3Gに、無線LANが安定していれば無線LANに自動的で判別して接続を行う「コグニティブ機能」を搭載しています。

    月額利用料金は、6月1日から9月30日のキャンペーン期間中に申し込むと、2年縛りを条件に月額4410円(1年間のみ2年目から5980円)で利用することが可能です。

    「ポータブルWi-Fi」には、SIMロックがかかっているものの、今後海外での利用を想定してSIMロックが解除される可能性もあるようです。
    しかし、日本通信の「b-mobileSIM」とウィルコムの「WILLCOM CORE 3G」を「ポータブルWi-Fi」に挿入したところ接続できたとの動作報告も挙がっています。

    とはいえ、NTTドコモのFOMAネットワークを用いるMVNOのサービスではどうだろう。例えば、日本通信の「b-mobile3G/SIM」やウィルコムの「WILLCOM CORE 3G」などは、サービスを利用するためのSIMカードとして、FOMAカードそのものが発行されている(2010年5月現在)。

     手始めに日本通信の「b-mobileSIM」とウィルコムの「WILLCOM CORE 3G」(HYBRID W-ZERO3の購入時に契約したもの)用、2つの“FOMAカード”を使用してみた。これらはどちらもIP接続認証に対応している。

    結果としては、喜ばしいことに……それぞれのAPNを正しく設定することで接続できることを確認した。これができるとなると、通信料金プランの選択肢がグッと広がることだろう。同様に、ドコモのFOMA音声端末で「パケ・ホーダイ ダブル」または「パケ・ホーダイ シンプル」を契約したFOMAカードでの「128K通信」での接続も行えた。

    情報元:ドコモ網+WiFiで使えるっ:何ができる? SIMロックは?──バッファロー「ポータブルWi-Fi」、機能を速攻チェック(前編) (3/5) – ITmedia +D モバイル



    AndroidがFroyoでWi-Fiテザリングに対応したので、買う必要はないと思っていましたが、速度は断然「ポータブルWi-Fi」の方が良いんだろうな~。それに月額4410円というのはかなり魅力的です。

    ポータブルWi-Fiのスペック。
    ■サイズ
    ・約95×64.4×17.4mm

    ■重さ
    約105g

    ■連続待ち受け時間
    ・30時間

    ■連続駆動時間
    ・6時間

    ■通信方式
    ・W-CDMA

    ■通信規格
    ・HSPA
    ・FOMAプラスエリア(800MHz)
    ・1.7GHz
    ・2.0GHz

    ■備考
    ・無線LAN
    ・有線LAN
    ・microSDHCカードスロット
    ・コグニティブ無線機能
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー