bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • iPhone 4の電波表示問題は計算式のバグ。

  • 世界的な在庫不足となっているiPhone 4ですが、iPhone 4には左手である持ち方をすると電波の強度を表示するアンテナレベルが急激に下がるといった問題がありました

    この問題に関してAppleでは、持ち方を買えたり、別売りのバンパーを買うことで回避して欲しいとしていましたが、ここに来てこの問題の原因は、アンテナレベルを表示する際の計算式が間違っていたと発表し、後日アップデートを提供すると発表しました。

    この問題は初代iPhoneやiPhone 3G、iPhone 3GSにも存在するとのこと。

    つまり、急激にアンテナレベルが急激に下がる事象が正常で、急激に下がる前の電波状態がバグということになりますね。

    Appleは「どんな端末でも持ち方によってバーの数は減る」とした上で、アンテナ部分を覆っただけでバーが4~5本も減るのは異常だと認めている。この問題を調査したところ、“驚いたことに”表示するバーの数を決める計算式が完全に間違っていたことが判明したという。このバグのせいで実際の電波強度よりも多くバーが表示されており、電波の弱いエリアではアンテナを覆っただけで急にバーが減る現象が起きたとしている。

    情報元:Apple、iPhone 4のアンテナ問題は「電波強度表示の誤り」と発表 アップデート実施へ – ITmedia エンタープライズ


    現在、Appleはこの問題を巡って複数の訴訟を起こされていますが、通常表示されているアンテナレベルが実質嘘ということになり、アンテナレベルの水増しとも取られかねない事象ということやiPhone 4だけでなく、iPhoneやiPhone 3G、iPhone 3GSなどの機種も該当するということで今後も訴訟の数が増えそうですね。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー