bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 富士通と東芝の新会社設立-東芝は携帯電話事業を譲渡へ。

  • 先月、新会社の設立を発表した富士通と東芝ですが、7月30日に携帯電話事業の統合について最終締結したことを明らかにしました。

    新会社では当面auとソフトバンクモバイル向けに東芝ブランド端末を提供。

    富士通と東芝、携帯事業統合で新会社設立――東芝は携帯事業を譲渡 – ITmedia プロフェッショナル モバイル

    富士通と東芝は新会社を設立し、東芝が新会社に携帯電話事業を譲渡することを明らかにしました。

    新会社では当面東芝ブランドauやソフトバンクモバイル向けの端末を提供することになり、富士通の携帯電話事業はこれまで通り富士通本体で継続されるようです。

    また、新会社は富士通が株式を80.1%を保有することで、富士通傘下となるとのこと。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー