bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 次に買いたい携帯OSでiPhoneとAndroidがほぼ互角に。

  • マーケティング会社のニールセンが「次に使いたい携帯電話のOS」の調査を行い、調査結果を発表しました。
    対象者は現在携帯電話を利用しており、1ヶ月以内にスマートフォンを購入する予定のユーザー。

    調査結果によれば、1位はiPhoneで30%、2位はAndroidで28%、3位はRIMで13%、4位は6%でWindows Mobileとなったとのこと。

    フィーチャーフォンユーザーはAndroidへの関心が強い!?

    Apple iOS、「次に使いたい携帯OS」でAndroidと引き分け(Nielsen調査)

    既にスマートフォンを利用しており、新しい機種の購入を考えているユーザーではiPhoneが35%で1位となり、Androidが28%で2位、RIMが15%で3位になったとのこと。
    また、現在は携帯電話を利用しており、スマートフォンへの機種変更を考えているユーザーではAndroidが28%で1位、iPhoneが25%で2位、RIMが11%で3位になったようです。

    上記調査結果からiPhone以外のスマートフォンを利用しているユーザーはiPhoneへの関心が強く、iPhoneユーザーからは満足度が高いということや現在、携帯電話を利用しているユーザーは、比較的新しめで話題のAndroidへの関心が強いということが言えると思います。


    ちなみに、アメリカでのスマートフォンの普及率は全てのケータイの内29.7%を占めており、スマートフォンのシェアとしてはiPhoneとBlackBerryが27%で1位、次いでAndroidが22%で3位になったようですよ。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー