bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • 日本の携帯電話市場でAppleが初のトップ5入り。

  • IDC Japanが2010年第3四半期の国内携帯電話市場の出荷台数を発表しました。

    調査内容によれば、iPhone 4の出荷台数が100万台を超えたとのこと。

    iPhone 4が国内最大の販売台数を記録したようです。

    アップルが携帯電話国内5位に 7~9月シェア – 47NEWS(よんななニュース)

    メーカー別のシェアでは、1位がシャープで18.8%、2位がパナソニック モバイルコミュニケーションズで16.6%、3位が富士通で15.1%、4位が京セラで12.7%、そして5位がAppleで12.2%ととなりました。

    シャープは18四半期連続でのトップ。パナソニックは前回4位から、京セラは前回5位からランクアップとなり、富士通は前回2位からのランクダウンとなりました。

    Appleが国内市場のメーカー別シェアでTOP5にランクインするのは初めてで、IDC Japanでは、iPhone 4が国内最大数の販売台数を記録したとしています。

    iPhoneだけでシェアTOP5に入るとはスゴイですね!3位の富士通とは結構差がありますが、4位の京セラとは僅差と言って良いでしょう。

    しかし、これまでは日本のスマートフォン市場を欲しいがままにしていましたが、今季から他メーカーがAndroidをOSに採用したスマートフォンを販売し始めており、auの「IS03」やシャープの「LYNX 3D SH-03C」はとても好調で2週続きでiPhone 4をトップから引きずり下ろす形となっています。

    これまで急激にシェアを伸ばしていたAppleでしたが、今後はシェアが伸び悩むことが予想されます。
    第四四半期にすぐに結果が出るとは思えませんが、来年どういった結果になっているか注目ですね。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー

    まだデータがありません。

    今週の人気エントリー