bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • iOS 5の魅力的な機能を紹介!

  • Appleは6月7日に「WWDC 2011」にてiPhoneやiPad、iPod touchで利用できる最新のOS「iOS5」を発表しました。

    「iOS 5」ではAndroidの様な通知機能やカメラ周りの強化、メール機能の強化、さらにユーザ待望のPCと接続することなくアクティベーションやOSアップデートが可能になります。

    iOS 5の提供は今秋!iPhone 4S?iPhone 5?と同時リリースも?

    アップル – iOS 5 – iOS 5の新機能を紹介します。

    「WWDC 2011」での基調講演では200もの新機能を提供すると発表され、その中の10機能がピックアップして発表されました。その中から気になった機能を紹介します。

    1.Notification Center
    Androidユーザーには、「ステータスバー」機能といえば簡単に伝わると思います。操作性もAndroidと全く同じでディスプレイの上部に表示されているバーを下に引っ張り出すと、アプリごとにどのような通知がされたか、どのような通知が行われたかを一覧で表示されます。

    また、Notification Centerに表示された通知をタップするとアプリを起動したり、通知の消去が可能になります。

    2.Twitterのプリインストールと機能強化
    Androidの様にiPhoneでもTwitterが標準搭載されるようになります。また、iPhoneに標準搭載されることでSafariやカメラ、YouTube、Googleマップなどの他のアプリからTwitterを利用することが可能になります。

    さらに、Twitterのユーザーやプロフィールの写真をiPhoneの連絡先に登録することもできるとのこと。

    3.Safariの強化
    スマートフォンで情報量の多いサイトをシンプルにすっきりしたように表示できる「Reader」機能が新たに搭載されます。また、気になるサイトをリストに登録し、後でリストからサイトを閲覧できる「Reading List」機能が新たに追加され、「iCloud」と併用することでリストをiPadから閲覧することが可能になります。

    iPadに提供されるSafariではタブ機能が新たに追加され、これまで2タップして切り替えていたウェブサイトを1タップで切り替えることが可能になるなど操作性の向上が図られます。後々にはiPhoneにも実装されるのでしょうか。

    4.カメラのパワーアップ
    iPhoneにプリセットされているカメラはAppStoreで提供されているカメラアプリよりも機能性が低く使い勝手も良くありませんでしたが、「iOS 5」では、カメラ周りの機能が大幅にパワーアップされます。

    これまではカメラを起動するためにロックを解除し、カメラのアイコンをタップ後カメラがようやく起動するといったものでしたが、今後はロック画面にカメラのアイコンが表示され、アイコンをタップするとロックを解除することなく、カメラでの撮影が可能になります。

    また、ズーム機能などをピンチイン/ピンチアウトで可能になり、オートフォーカス機能を画面上をロングタップすることで可能になるなどより直感的な操作でカメラの操作が可能になり、これまではディスプレイ上のシャッターボタンをタップすることでしか写真の撮影ができませんでしたが、これからは「+」ボリュームキーを押下することで写真を撮影することができます。

    さらに、カメラについてもiCloudとの併用が可能で撮影した写真をすぐにサーバーにアップし、他のデバイスで閲覧できます。

    5.ついにPCが不要になるPC Free
    ようやくユーザー待望の機能が実装されます。「iOS 5」ではパソコンとiPhone等を接続することなく、アクティベーションやOSアップデート、iTunesとの無線LANによる同期が可能になります。

    いずれもAndroidでは発売当時から実装されている機能であり、これを追従した形になります。

    6.3G回線に依存しない新しいコミュニケーション機能「iMessage」
    iPhoneで提供されるSMSやMMSの吹き出し形式で会話をやりとりするユーザーインタフェースはとても使いやすいんですが、あのインタフェースで3G回線に接続しなくてもメッセージや動画、写真のやりとりが可能なのが「iMessage」です。

    また、MMSやSMSとは違いメッセージの開封確認や相手がメッセージを書いている際には画面上にステータスが表示される機能も備えています。

    7.マルチタッチジェスチャー
    複数の指でディスプレイを上にスワイプするとタスクバーを表示し、左右にスワイプするとアプリの切り替えができるといったちょっと前にネットで話題になったiPadのマルチタッチジェスチャー機能が提供されます。この機能は元々開発者向けに公開されていましたが、「iOS 5」ではエンドユーザー向けにも公開されます。

    8.写真や書類を複数のデバイスに同期できるクラウドサービス「iCloud」
    iCloudはiPhoneやiPad、iPod touch、PCにて様々なデータを即時同期できるクラウドサービスで、複数の機能が提供されます。

    1つめは、iPhoneやiPad、iPod touchの充電時にiOSのバックアップを無線LANを介して行う「iCloud Backup」

    2つめは、iCloud Storage APIを用いて作成された書類をiCloud上に保存すると同時に全てのデバイスにプッシュ配信を行う「iCloud Storage」

    3つめは、iPhoneなどで撮影した写真が自動でiCloudにアップロードされ、各デバイスは自動で撮影した写真をダウンロードする「Photo Stream」

    4つめは、購入したデバイスだけでなく複数のデバイスで購入したアプリケーションや音楽などのデータを自動的にダウンロードできたり、iTunes Storeで購入したコンテンツを追加料金を払わずに複数のデバイスで再ダウンロードすることも可能になる「iTunes in the Cloud」

    一部の国では制限がかけられており、日本ではアプリケーションや電子書籍の再ダウンロードは可能ですが、音楽の再ダウンロードできません。

    iOS 5は噂通りAndroid化に。
    発表前からAndroid化すると噂されていましたが、噂通りAndroidで既に提供されている機能を取り込んだ形になりました。個人的に気になった機能はやはりiCloudですかね。iOS 5の機能という意味ではちょっと意味合いが違ってきますが、これまでに提供されてきた機能の幅を広げられる新たなサービスであり、とても期待が持てます。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー