bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • Apple、バッテリー消耗問題はiOS5のバグと発表。後日アップデートを実施。
  • Apple、バッテリー消耗問題はiOS5のバグと発表。後日アップデートを実施。
    iOS5が発表、そして「iPhone 4S」が発売されて以降、バッテリーの減りが異常に早いとユーザーからの報告が相次いでいる件についてAppleが調査した結果、iOS5に不具合が見つかったようです。

    初めてOTAを利用できるアップデートに!?

    情報元:iPhone4Sのソフト修正検討 電池消耗、異常に早く  :日本経済新聞

    これまで発売されたiPhoneでもiOS5にアップデートした途端にバッテリーの持ちが異常に悪くなったため、ユーザー間ではiOS5から追加された通知センターなどの機能が影響しているのではないか、GPSをオフにすればバッテリーの持ちが良くなるなどの意見や解決策が多数見られました。

    Appleではバッテリーの消耗問題に対して以下の様に回答しており、バッテリーの消耗問題はやはりiOS5のバグだったようですね。アップデートには数周間かかるとのことですが、初めてiPhoneでOTAを利用するアップデートになるのでちょっと楽しみ!

    米メディアの取材に対し、アップルは「ソフトの一部に電池寿命に影響を与えるようなバグ(プログラムの不具合)が見つかった。数週間以内に修正する」と回答。近くソフト更新を実施し、プログラムを修正する考えを示した。


    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー