bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • 次もiPhoneを購入したいユーザーは84%。一方でAndroidは60%に。

  • ドイツの調査会社GfKの調査結果によると、Appleの携帯電話市場においてブランド忠誠度が他社よりも大きく抜きん出ていることが明らかになりました。

    高いブランド忠誠度のワケは?

    情報元:「次もiPhone」は84%──ブランド忠誠度でAndroidを大きくリード – ITmedia ニュース

    GfKの調査結果によれば、iPhoneユーザーは次回に購入する機種もiPhoneとの回答が約84%ととても高い数値を出した一方で、Androidユーザーが次回もAndroidを購入するとの回答は約60%にとどまりました。

    iPhoneが高い数値を示したワケは、iPhoneがユーザーを虜にするほどのインタフェースを確立していることもあると思いますが、それよりも大きいのはiTunesやApp Storeでしょうね。ユーザーが購入した音楽やアプリを次回も購入したいと思うのは必然的です。

    一方でAndroidはそういったシステムが成り立っているのはアプリのみで、さらにiPhoneに比べて無料アプリが多いというのも大きく作用していると思います。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    1件のコメント
    • じん
      No.8568

      あれ?
      iPhoneの購入を後悔している人が20%以上居るんじゃなっかでしたっけ?
      この手の調査って何の為にやってるんでしょうか?
      「調査会社によって結果が違う」のであれば、
      コマーシャルツール以上にはならないと思うのですが。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー