bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 携帯電話販売ランキング、「iPhone 4S」が3位までランクダウン。1位を獲得したのは!?

  • 「iPhone 4S」が10月14日に発売されて以降、販売ランキングで常に1位を獲得してきた「iPhone 4S」ですが発売から約2ヶ月が経ったところで1位を他の端末に明け渡すこととなりました。

    1位を獲得したのは国産スマホ!

    情報元:携帯電話の売れ筋情報|BCNランキング【週間】

    「iPhone 4S」を退けて1位になったのはなんと国産メーカーのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」。ハードウェアとしては4.5インチの大画面ディスプレイとCPUに1GHz(300MHz~1GHz変動)のデュアルコアプロセッサを採用し、ソフトウェアとしてはバッテリー消費を自動的に抑える「エコ技」、好きなフォントをダウンロードして利用できるといった機能が特徴のスマートフォンです。

    こちらも「iPhone 4S」を抑えて2位になったのは先週と同じく「GALAXY S2 LTE SC-03D」となりました。
    「iPhone 4S」は3位~5位までをソフトバンクモバイル版が占めており、上位2位は明け渡したものの、まだまだ人気を誇っています。

    国産のスマートフォンは7位に富士通製の「ARROWS Kiss F-03D」、9位に富士通東芝製の「REGZA Phone T-01D」がランクインしており、これまで海外メーカーで占められていたランキングは徐々に国に亜メーカーのスマートフォンが逆襲に転じるといった展開になっています。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー