bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • 25日に発生したドコモの通信障害は通信設備の故障が原因。一部店舗では山手線遅延が影響と説明。

  • 25日の午前8時30分ごろ東京都内にてドコモのFOMA回線などがつながりにくくなった障害の原因はパケット交換機の故障が原因と発表しました。

    影響人員は最大252万人。

    情報元:FNNニュース: NTTドコモ通信障害…

    障害発生時は圏内表示されるものの、パケット通信を試みると失敗し、電話発信を行うと「しばらくお待ちください」の文字が表示され通話が行えないという事象が発生。

    障害は13時08分に復旧。影響規模は252万人とされています。

    障害発生当初は一部ドコモショップで同日朝に起きた山手線の遅延が原因としていたものの、山手線の遅延は午前9時過ぎに発生しており、障害が発生した8時26分よりも後に発生していることから山手線の遅延は発生原因としては無関係であることが明らかになっています。

    spモードメールのアドレス入れ替えという前代未聞の事故の1ヶ月後にこれですから東京都に限るとはいえ、ユーザーに与える印象は大分悪いでしょうね。普段つながりにくいソフトバンクと突発的に全く使えなくなるドコモ、個人的にはソフトバンクを選びたいです。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー