bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • iPhone 5はディスプレイが一気に4.6インチまで大型化?
  • Photo By Ryan Tir
    iPhoneが日本でここまで売れる理由には初代のiPhoneから変わらず3.5インチといった比較的小さめのディスプレイを採用することにより、ボディのサイズはコンパクトになり日本人の小さな手に馴染むといった所もあげられると思います。

    ただ、iPhone 4、iPhone 4SそしてiPhone 5についても噂として大画面化の噂があがっていますが、今回は4.6インチというかなりデカいインチ数があがってきています。
    情報元:次期「iPhone」、4.6インチのディスプレー採用=韓国紙 | Reuters

    ロイターによれば次世代のiPhoneでは4.6インチのRetinaディスプレイが採用され、解像度はさらに向上するとのこと。
    さらに、発表日については第二四半期としておりiPhone 4Sが販売されるまでは恒例となっていた”毎年6月のiPhone発表日”が復活するかもしれません。

    片手で使うにはiPhoneのサイズが良い・・・個人的にはもうちょっと小さくても良いぐらいです。噂通り4.6インチまで大きくなってしまうと片手で使うことはかなり困難になり、特に女性ユーザーは一気にAndroidに流れてもおかしくないんじゃないかなと思います。

    ただ、ジョブズがかなりこだわっていたともいわれる3.5インチというディスプレイサイズがここまで大胆にインチアップするというのは考えにくいものですが、結果がわかるのは3ヶ月後でしょうか。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー