bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • Android
  • 俺流、Androidのホーム画面の作り方!
  • 俺流!スペースを有効に活用できるAndroidのホーム画面の作り方Photo By felipefonseca
    みなさん、Androidのホーム画面にはどのようにアプリやウィジェットを配置していますか?アプリのショートカットをただただ配置しているアナタのために今回はスペースを有効に使える俺流のホーム画面の作り方を紹介します!
    俺流その1、アプリのショートカットはホーム画面になるべく置かない。
    いきなり「は?」と思う人もいるかと思いますが、まぁちょっと聞いてください。

    ホームに置けるアプリとウィジェットの数は決められています。そんな貴重なホーム画面は有効に活用したいところですが、多分ほとんどのAndroidユーザーがこんな感じでホーム画面にたくさんのショートカットを置いているのではないでしょうか。


    ホーム画面を有効に使いたいのであれば、アプリのショートカット起動はランチャーを使いましょう。
    ランチャーであれば、ショートカットの数はホーム画面よりも多く置けますし、ホーム画面からアプリを起動するのと操作数は変わらない(ホーム待機時からのアプリ起動を除く)ので一石二鳥です。

    ※ランチャーアプリとランチャーの使い方は以下のエントリーを参考にしてください。
    Androidに絶対入れておきたいオススメのランチャーアプリ2つ+α

    ホームに置くアプリはどうしても!というアプリだけに限定するのをオススメします。

    俺流その2、ホーム画面は3つまで。
    今でこそAndroidのホーム画面の数は5つまで増えていますが、Android 1.6ぐらいまでは3つしかありませんでした。ホーム画面が増えるまでは「3つじゃ少ない!」なんて言われていましたが、僕はホーム画面は3つまでが最適だと思います。

    理由としては単純でホーム画面が3つまでだとスワイプ1回で左右1番端のホーム画面に移動することができますが、これが5つになるとスワイプ2回で左右端のホーム画面に移動することになるため、左右端に配置されたアプリのショートカットは場合によってはドロワーからの起動よりも遅くなります。

    ホーム画面3つまでにアプリのショートカットを置けないというのをパソコンで例えればデスクトップがショートカットやファイルだらけになっているのと同じ状態だと僕は思います。本当にいるものだけを配置してきちんと整理しましょう。

    俺流その3、第4のホーム画面「ドロワー」を有効に使う。
    ホーム画面3つじゃどうしても収まらない!という方はドロワーを有効に使いましょう。

    ドロワーというのは、インストールしたアプリが全て格納されているこの画面のことです。


    ドロワーはホーム画面から以下のアイコンを1タップで起動することができ、操作の種類は違えど左右のホーム画面と同じく操作1つで起動することができます。

    Android標準のドロワーはアルファベット順でアプリが並んでいるためホーム画面として代替できませんが、Xperiaなど機種によってはドロワーを自由に編集することができるので1枚目のドロワーに好きなアプリのショートカットを配置することで第4のホーム画面として利用することができます。


    そんな俺のホーム画面はこんな感じ!
    ホームアプリはXperia純正のものです。ホームに置いているアプリのショートカットはフォルダ2つだけであとは全てウィジェットです。
    ホーム画面中央
    ホーム画面左
    ホーム画面右


    ホーム画面に何十個もアプリのショートカットを置くほどいろんなアプリを頻繁に立ち上げるわけじゃないのでこんなもんで十分だと思います。まずは自分のホーム画面に置いているアプリのショートカットを「頻繁に利用するもの」「頻繁に利用しないもの」で分別することから初めてホーム画面を整理してみると良いかと思います。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Androidの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー