bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 2012年1月ー3月のスマートフォン出荷台数でサムスンがAppleを上回る。
  • Photo By liewcf
    iPhoneとGALAXYで数々の特許に関する裁判闘争をしているサムスン電子とAppleですが、スマートフォンにおける出荷台数においても壮絶な争いを繰り広げています。

    サムスンが首位奪回 1-3月世界スマホ出荷でアップル抜く – SankeiBiz(サンケイビズ)

    アメリカの調査会社IDCが5月1日に発表した2012年の1月~3月におけるスマートフォンの出荷に関する調査によると、サムスン電子が前年同期比3.7倍の4220万台を記録し、前期(2011年10月~12月)で1位だったアップルを抜いて前々期以来の1位に返り咲いたようです。

    2位はアップルが3510万台、3位はノキアの1190万台、4位はRIMの970万台となっており、2位と3位はかなりの差が出ています。さらに、3位と4位は前年同期比よりそれぞれ50%と30%の減となっており、今後も上位との差は縮まる様子はなく、逆に上位との差は広がることが予想されます。

    4社はいずれも異なるOSを搭載するスマートフォンの販売を手がけていて、上位2社はAndroid、iOSといった最近のOSを採用し、NokiaとRIMはSymbian、BalckBerry OSといった古めのOSを採用しています。今回は、OSの勢いがそのまま調査結果として出たと言えるのではないでしょうか。

    Nokiaに関しては昨年2月にスマートフォンに採用するOSをSymbianからWindows Phoneに切り替えることを発表しています。Windows Phoneを採用してリスタートすることでもう1度携帯電話のヒットメーカーに返り咲けるのか注目です。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー