bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 日中韓スマホ所持率、日本が最も低く、iPhoneの所持率は最も高い。
  • Photo By Sean MacEntee
    リサーチパネルエイジアの調べによると、日中韓でのスマートフォンの所持率はなんと日本が最も低い結果となったようです!
    日本人のスマートフォン所持率は最低 日中韓調査

    調査結果では、韓国が91%、次いで中国が90%、そして日本が44%とスマートフォンの所持率は半分に満たない上、他2国と比較すると大きな開きがあることがわかります。

    ケータイの分野では日本はアジアの中で最も進んでいるのだろうなーとか感覚的に思っていましたがそうも言えなくなっているみたいですね。

    また、OS別の所持率では日中韓ともに1位がAndroidとなっており、所持率は韓国が74%、日本が60%、中国が51%、日本と韓国で2位となっまiOSは日本が34%、韓国が17%、中国の3位はSymbian OSで16%ととなりました。

    韓国のAndroidの所持率が抜けているのはサムスン電子の影響でしょうね。日本のiOSの所持率が飛び抜けているのはやはり他の人と同じものをという心理が働くからなのでしょうか。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー