bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ、iPhone5の影響で約19万人のユーザーが1ヶ月で他社に流出。

  • TCAが2012年10月の携帯電話契約数を発表しました。

    iPhone5が9月後半に販売されたことで各社への影響が気になっていましたが、ドコモはもろに影響を受けてしまったようです、もちろん悪い方向に。
    情報元
    事業者別契約数(2012年10月末現在)|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

    TCAによると、2012年10月のドコモの純増数はたったの7200。

    iPhone5を取り扱うソフトバンクモバイルは28万4200、auは23万8800と両キャリアともかなり高い数値を記録しています。

    さらに、MNPではドコモは-18万9800を記録し、過去最大の転出超過となってしまいました。

    ドコモのユーザーを飲み込んだのは15万2700の転入超過となったau。

    ドコモではテザリングがオプションなしで利用できるため、現時点でテザリングが利用できないソフトバンクモバイルのiPhone5には魅力を感じなかったのかもしれません。
    他の要素として、インフラ面でイメージの悪いソフトバンクモバイルへのMNPを嫌ったことも挙げられるでしょうね。

    過去最大の転出超過を記録したドコモは冬モデルの投入前であったことを理由にあげていますが、冬モデルを投入したところで19万人のユーザーは戻ってこないですからね。

    また、iPhoneユーザーが短期間で他のスマートフォンに乗り換えるとは考えにくく、流出してしまったユーザーを取り戻すのは難しいのではないかと思います。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー