bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ソフトバンク
  • 京都地裁、ソフトバンクの途中解約金は合法と判決。

  • 京都消費者契約ネットワークが2年間を待たずして契約解除した場合に発生する解約料の9975円が違法であるとして、ソフトバンクモバイルを相手取り訴訟を起こしていた件で京都地裁は原告側の訴えを退けました。
    情報元
    朝日新聞デジタル:ソフトバンク携帯の中途解約金条項は適法 京都地裁判決 – 社会

    京都消費者契約ネットワークが問題視していたのは、契約年数で解約料が変動せず一定であるため特定の期間で解約した場合に解約料で利益が発生するというもの。

    これに対して京都地裁は2年間を待たずして解約された場合の会社の損害は9975円を上回ると判断し、違法性はないとしました。

    ドコモやauについても同様の件で訴訟を起こされており、ドコモについては今回のソフトバンクモバイル同様に原告側の請求が棄却されていますが、auについては特定の期間で違法性が認められています。(auは控訴する方針)

    解約料が一定なのは変動する解約料の中間値を取って帳尻合わせてるなら問題ないと思いますがそこら辺がどうなっているのか気になりますね。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ソフトバンクの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー