2013-01-28 15:31:06
  • トップページ
  • ニュース
  • 2012年スマホ出荷台数が過去最高の7億台を突破!ーAppleとサムスンがシェアの半分を占める
  • Photo By liewcf
    Strategy Analyticsの調査結果によれば、2012年のスマートフォン出荷台数が過去最高の7億台を記録したようです。
    情報元
    2012年スマホ世界市場、出荷台数7億台を達成も成長率は鈍化 – CNET Japan

    サムスンとAppleがシェアの半分を占める

    同社の調査結果によれば、スマートフォン出荷台数は2011年から4億9050万台も増加したものの、前年比成長率は43%と2011年の前年比成長率の64%から縮小を示したとのこと。

    日本国内も含め、昨年スマートフォンユーザーが爆発的に増えたことが伸び率が鈍化した原因かもしれませんね。

    また、シェアにおいてはサムスンが30%を獲得し、Appleとノキアを上回り、サムスンとAppleの2社で50%以上のシェアを獲得したと伝えられています。

    サムスンが過去最高の出荷台数を記録

    サムスンが2012年に出荷したスマートフォンの台数は2億1300万台となり、ノキアが2010年に記録した1億台を2倍以上も上回る過去最高の記録を突破したようです。

    サムスンが他社よりも先行してリリースしたファブレット「GALAXY Note2」やロンドンオリピックの公式デバイスとして販売された「GALAXY S3」などのハイエンドモデルに加え、ローエンドで低価格の「GALAXY Y」シリーズで新興市場の人気も獲得できたことが過去最高記録の要因となったと分析されています。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー