bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-02-07 12:00:00
  • トップページ
  • Appleニュース
  • Appleが2012年第4四半期に売り上げたiPhoneの約40%はiPhone 4Sだった!?

  • Appleが2012年第4四半期で売り上げた4780万台のiPhoneの大半は実は一世代前の「iPhone 4S」だったのかもしれません。
    情報元
    Apple iPhone 4S continues to enjoy strong consumer demand

    iPhone5の販売不振はiPhone 4Sにあり?

    DigiTimesによれば、Appleが2012年第4四半期で売り上げた4780万台のiPhoneのうち約42%にあたる2000万台は「iPhone 4S」であったと伝えています。情報源は信頼できるサプライヤーとのこと。

    カンタージャパンが実施した2012年末の携帯電話・スマートフォンおよびタブレットの購買・使用動向調査において、OS別に販売台数の調査を行ったところ、iPhone5の販売不振報道は国内では見られなかったとしていました。

    その際に携帯総合研究所ではOS別の調査であり、iPhone 4Sなども含まれているためiPhone5の販売不振報道を否定することはできないとしましたが、今回DigiTimesが伝えている情報が本当であればまさにそのようになってきますね。

    また、iPhone5の販売不振の原因がiPhone 4Sにあるのであれば、当然Appleは認識しているものと思われます。噂ではiPhoneのリリースサイクルを早めるとされていますが、最新機種が旧機種により売れないなんてことがあれば、リリースサイクルを早めるのはリスキーであり、今後Appleがどのように出るのか注目です。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー