2013-02-19 14:08:00
  • トップページ
  • iPhone 5sの噂
  • iPhone5Sはついにクアッドコアに!?回路基板がリーク→リーク画像は加工物かも
  • 次期iPhoneはついにクアッドコアに!?ーiPhone5Sとされる回路基板がリーク
    Appleが6月ごろの発売が噂される「iPhone5S」と思われる回路基盤がリークされました。
    情報元
    Leaked Photos: Apple iPhone 5S will come with A7 quad-core CPU and GPU, 2 GB of RAM

    iPhone5Sは1.2GHzのクアッドコアを搭載?

    iOS Docによると、リークされた回路基板には1.2GHz、クアッドコアのA7を搭載、RAMは2GBのものが搭載されているとのこと。

    現行のiPhone5には1.3GHz、デュアルコアのA6が搭載、RAMには1GBが搭載されているので、いずれもスペックアップされるようです。

    また、iOS DocではiPhone5Sには改善されたSiriが特徴のiOS7が搭載されると伝えています。

    iPhone5と酷似・・・偽物だったりして?

    iOS Docではリークされた回路基板の情報源を信頼度の高い関係筋としていますが、9to5MacではA7の「7」の文字に加工された形跡があるとしています。

    同じようにリーク画像を拡大してみましたが、確かに「7」の文字あたりににじみがあるような気がしますね。9to5Macでも同じ箇所の画素が不自然としています。


    基盤のサイズもiPhone5と同じようですし、今回のリーク画像が加工物と断定することはできませんが、可能性は高いようです。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone 5sの噂の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー