2013-02-20 19:39:18
  • トップページ
  • iPhoneの小ワザ、裏ワザ
  • 【iPhone Tips】iPhoneをMacに接続した時にiPhotoを起動させない方法

  • iPhoneを充電するためにMacに接続する人って結構いると思います。僕も充電器は使わずにMacで充電する派なんですが、接続する度にiPhotoが起動してきてうざいので、iPhoneをMacに接続してもiPhotoを起動させない方法を紹介します。

    イメージキャプチャから割り当てを削除する!

    iPhotoを起動し、環境設定をひと通りみたもののそれらしき設定箇所はなく、断念した人も多いのではないでしょうか。

    僕もそんな経験を何回かやったんですが、どうやらiPhotoではなく「イメージキャプチャ」から設定しなければいけないようです。

    Launchpadを起動して「イメージキャプチャ」を検索後、起動します。


    起動すると、Macに接続しているiPhoneが表示されるので選択後、左下の「このiPhoneを接続時に開くアプリケーション」にて「割り当てなし」に変更したらイメージキャプチャを終了します。


    たったこれだけでiPhoneをMacに接続してもiPhotoが勝手に起動することがなくなりますよ!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー