bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • スペインで携帯電話放棄キャンペーン
  • スペインで携帯電話放棄キャンペーン
    1日よりスペインでは携帯電話の料金値上げに反対し、携帯電話での通話を禁止するキャンペーンが行われている。

    このキャンペーンによって街中では携帯電話でアドレス帳を除きながら公衆電話で通話をするといった姿が見受けられる様だ。
    前述の通りスペインでは、携帯電話の料金値上げを受けて「携帯電話での通話を禁止する」というストライキのようなものを行っているが果たしてこの要求を受け入れてスペインの携帯電話事業者は料金値上げをやめるだろうか・・・。


    今や携帯電話は、用事を電話で伝えるといった基本的な機能以外にも年賀状がわりに年賀メール、コンビニや飲食店ではおサイフケータイでの支払いやオークションでのショッピングといったサービスの充実によって消費者の生活から切っても切り離せない物になってしまった。

    そして携帯電話市場が飽和状態になったことに伴いキャリアの間で値引き競争も激化している。これらの影響を受けて公衆電話が次々と姿を消しているだけに、こういった運動は無駄に終わるだろう。(引用元:フジサンケイビジネスアイ
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    1件のコメント
    • はじめ
      No.933

      明らかに減ってる公衆電話、公衆電話は残すべきだと思うなぁ
      そんなに減らさなくてもって思う、維持費がかかるなら安価な形の新しい公衆電話を建てればいいと思う

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー