bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-05-02 17:30:00
  • トップページ
  • Android
  • Androidのバージョンシェア、JellyBeanが2位にランクアップも最新バージョンはたったの2.3%に
  • Androidのバージョンシェア、JellyBeanが2位にランクアップも最新バージョンはたったの2.3%にPhoto By terrenceistheman
    Googleが2013年5月1日時点のAndroidバージョンシェアを公開しました。公開されたデータからAndroid 4.1/Android 4.2のJellyBeanがAndroid 4.0のIce Cream Sandwichを始めて上回ったことがわかりました。

    シェアトップは2バージョン前のGingerbreadに

    Googleが公表した資料によると、昨年7月より提供されたAndroid 4.1/4.2のJellyBeanが28.4%のシェアを記録してシェア2位となりました。シェアトップは、39.5%のシェアを記録したAndroid 2.3.xのGingerbreadとなっています。

    一方、Appleが公表したデータではないものの、ライバルのiOSは、最新のメジャーバージョンであるiOS6のアップデート提供後からたった5ヶ月でシェア80%以上を記録するなど、Androidと比較すると最新バージョンを利用するユーザーがとても多いことがわかります。

    これは、Androidユーザーが最新バージョンに対して関心がないということではなく、iPhone 3GSなど数年前のモデルにもアップデートサポートを行うAppleに対して、過去の機種をどんどん切り捨てていくGoogleの方針が表れた結果かと思います。

    恐らく今後も過去の機種を切り捨てていくGoogleの方針は変わらないと思いますが、最新のバージョンで大幅に改善された or 今後も改善されるのに、大多数のユーザーが古いバージョンのAndroidを利用し、過去のAndroidに対するネガティブなイメージをリアルタイムで持ち続けてしまうのは非常にもったいないと思う次第です。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Androidの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー