2013-05-26 08:44:55
  • トップページ
  • iPhoneアプリ開発記
  • 【iPhoneアプリ開発記】2台目のMacで「Valid signing identity not found」が発生した時の対処方法
  • 【iPhone開発記】第1回目:2台目のMacのXcodeで「Valid signing identity not found」が発生!
    Photo By Nick Webb
    過去にサンプルを作るためにXcodeをインストールしたことがありまして、それがきっかけでエラーが発生してしまいました。

    「Valid signing identity not found」の対処方法

    「Valid signing identity not found」ー有効な署名が見つかりませんと言ってるようです。

    ふむ。で、キーチェーンアクセスで署名を確認してみると、鍵がないことに気づきました。


    対処方法を調べてみると、もう1台のMacから鍵をエクスポートして2台目にインポートすれば良いとのこと。

    まずは、2台目のMacでキーチェーンアクセスを起動して、「iPhone Developer〜」をクリックして、展開されるキーをさらに右クリック。「〜を書き出す」をクリックします。


    鍵を保存する際にパスワードを入力します。ここで入力したパスワードは2台目のMacに鍵をインポートする際に使うのでメモしておくと良いかもしれませんね。


    入力後、鍵を書き出すためのパスワードの入力を求められることがあります。これはMacにログインする際のパスワードを入力すればOKです。

    エクスポートした鍵を2台目のMacのキーチェーンアクセスにドラッグ&ドロップして、先ほど入力したパスワードを打ち込むとインポートできます。
    こんな感じで鍵が表示されればインポートは完了です。


    Xcodeを再起動すると、無事「Vaild profile」になりましたー!


    これ実は非常に大事なエラーでして、これを解決しないと実機でテストができません。さて、いよいよプログラミングだっ!


    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneアプリ開発記の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー