2013-08-26 11:51:49
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ副社長、状況は変わってないけどiPhone販売の体制は整ったと発言
  • ドコモの副社長、状況は変わってないけどiPhone販売の体制は整ったと発言
    NTTドコモの坪内和人副社長がSankeiBizのインタビューに対し、iPhoneの発売に関してAppleとの交渉に進展はないが、ドコモの体制は整ったとコメントしたことが明らかになりました。

    スリートップが導入される2013年冬モデルのメーカーも明らかに?

    坪内氏は2013年冬モデルについても言及しており、以下の発言からシャープとソニーモバイルがスリートップに選定される可能性が高いと思われます。
    --冬モデルは「スリートップ」になりそうだ

     「スペックが最高というだけではだめ。機能的な売りを組み合わせてMNPも改善したい。キーワードの一つは電池の持ち時間だ。シャープの(低消費電力液晶ディスプレー)『IGZO』はいい。ソニーは高機能カメラが売りになる。ただ、端末の機能が同じ水準になると、次はネットワークの勝負になる。高速データ通信『LTE』の速さとつながりやすさだ」

    引用元:iPhone販売「態勢は整った。いつ出すかが問題」 NTTドコモ副社長 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

    やはりツートップはiPhone発売のための地ならしだった?

    iPhoneに関してはAppleとの交渉は継続中であるものの状況は変わっておらず、9月10日(日本時間9月11日)に発表の可能性が高いiPhone 5SにおいてはAppleからの発表後すぐにドコモから発売される可能性は低いようです。
    --米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」の販売交渉が続いていたが、新機種が9月10日に発表されそうだ

     「状況は変わっていない。(10日にアイフォーン発売を発表するのは)難しい。ただ、アップルにとって国内最大の携帯電話事業者に扱わせないのは経済合理性がないし、ドコモにとっても顧客が求める端末を売らないわけにはいかない。条件の問題だ」

    --ツートップ戦略による機種の絞り込みはアイフォーン販売の地ならしだった

     「(アイフォーンを扱っても、アイフォーンに)対抗できる端末は必要だが、ドコモ側の態勢は整った。いつ出すかが問題だ」

    引用元:iPhone販売「態勢は整った。いつ出すかが問題」 NTTドコモ副社長 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

    2013年夏モデルで導入したツートップについては、他社またはiPhoneへの対抗策とされる一方でiPhone発売に向けた戦略とも言われていましたが、坪内氏の発言のかぎりでは「ツートップはiPhone発売のための戦略」と解釈することができます。

    ということはようやくドコモからのiPhone発売か!?と期待してしまうのですが、ドコモがiPhoneの販売に対して積極的なのであればiPhone 5Sの発表日にドコモからの発売もアナウンスするはずでそれを否定したということはそういうことなんだと思います。

    ちなみに、いずれも遠回しに発言されているものの、ドコモの幹部が名前を明かした上でここまで具体的に発言したのは今回が初めてかと思われます。(後日、撤回または否定するような気もしたり・・・)
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー