bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-09-12 11:21:34
  • トップページ
  • Appleニュース
  • Apple、iPhone 5の販売をたった1年で終了ー販売終了の理由とは?
  • Apple、iPhone 5の販売をたった1年で終了−販売終了の理由は?
    Appleは9月20日(金)にiPhone 5sとiPhone 5cを発表するわけですが、それにともない販売される機種も整理されます。

    これまでは「iPhone 5」「iPhone 4s」「iPhone 4」が販売されていましたが、iPhone 4とiPhone 5は在庫限りで販売終了となり、「iPhone 5s」「iPhone 5c」「iPhone 4s」の3機種が販売されることとなります。

    たった1年で販売終了となったケースは初めて

    順当に行けば「iPhone 5s」「iPhone 5c」「iPhone 5」が今後販売されるものと思われましたが、iPhone 5の販売をたった1年で終了して「iPhone 4s」をラインナップに据えることとなりました。


    これまで販売されてきたiPhoneがたった1年で販売を終了するといった例はなく、一体どのような理由でAppleがiPhone 5の販売を終了させたのかは気になるところです。

    現時点でAppleからのコメントはないので自分で少し考えてみましたが、こんなもんでしょうか。
    • iPhone 5cとiPhone 5のスペックが同等であるため
    • ラインナップ全てがiPhone 5シリーズになるのを避けた
    • 3.5インチのiPhone 4sを残すため

    最も影響してると思われるのはiPhone 5cとスペックが同等であることですが、iPhone 5の発売以降もiPhone 4sが売れ続けているという調査結果があることやまだまだ4インチのiPhoneに懸念を示す人も多いことを考えればiPhone 4sの販売を終了させる理由もなかったのでしょうね。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー