bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 砂糖で充電できる燃料電池
  • 米セントルイス大学のShelleyMinteer博士は、砂糖で充電できる燃料電離の開発が順調に進められていることを明らかにした。

    今月、25日に開催された米国科学内で研究が発表された。
    同氏が開発する燃料電池は、ジュースから樹液に至るまであらゆる糖分を原料にして充電が可能。1回のフル充電で一般的なリチウムイオン電池と比較して最高3~4倍のバッテリ性能を引き出せる。

    砂糖を用いて充電する電池開発は、今回が世界初ではないものの、同氏が開発する燃料電池は、バッテリ性能及び持続時間はどの面においても優れている。既にブドウ糖、ジュース、樹液など糖分を含む多彩な原料での充電に成功している。ちなみに最も充電効率の良かった原料は砂糖水だったという。

    同氏は、「生物化学と科学の原理を応用することによって、より環境に優しい高性能なバッテリを造れることが示された」とコメント。

    開発された燃料電池は、3年~5年以内の実用化が目標とされ、まずは携帯電話チャージャーなどの分野における活用を目指す。(引用元:MYCOMジャーナル
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー