2013-10-04 09:27:28
  • トップページ
  • Android
  • Androidのバージョンシェア、Jelly Beanが約50%も、Android 4.3はたったの1.5%
  • Photo By Nestlé
    Googleが最新のAndroidのバージョンシェアを発表しました。Googleの発表によると、Android 4.1〜Android 4.3のコードネームであるJelly Beanは47.7%でトップシェアを記録しています。

    昨年配信されたAndroid 4.2のシェアも10.6%に留まる

    Androidのバージョンシェアをバージョン番号で見ていくと、トップシェアとなったのはAndroid 4.1で36.5%、次いでAndroid 2.3.xで28.5%、Android 4.0.xが20.6%となっています。
    バージョンコードネームシェア
    2.2Froyo2.2%
    2.3.3-2.3.7Gingerbread28.5%
    3.2Honeycomb0.1%
    4.0.3-4.0.4Ice Cream Sandwich20.6%
    4.1.xJelly Bean36.5%
    4.2.x10.6%
    4.31.5%

    引用元:Dashboards | Android Developers

    配信されたばかりのAndroid 4.3については、Android 4.2以前のバージョンからのアップデートが少ないことやAndroid 4.3を搭載する端末がまだまだ少ないということもあり、1.5%にとどまっていますが、昨年11月に配信されたAndroid 4.2においても10.6%と、決して高くない数値になっています。

    Android 4.4ーKitKatの登場でアップデート率は上がるのか

    Appleが9月に配信を開始したiOS 7については北米限定ながらリリース後1週間で50%を上回ったとされており、アップデートの浸透率は両OSの最大の違いでAndroidの最大の問題にもなっています。
    iOS 7が北米において全iOS端末の51.8%を占めたことを明らかにした。この数字は、iOS 7のリリース翌日のインストール数を同社が18%と見積もって以来、急激に増加している。

    引用元:「iOS 7」、北米「iOS」シェアで50%上回る–リリース後1週間で – CNET Japan

    今月にも発表が噂されているAndroid 4.4(KitKat)では、Androidのユーザーエクスペリエンスを全てのユーザーに体験してもらえることが目標とされています。

    過剰に捉えるならばアップデートが打ち切られた端末においてもAndroid 4.4にアップデートできるようになるということになるかと思います。実現できるのであればとても嬉しいものとなりますが、さてどうなるのでしょうね。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Androidの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー