2013-11-21 21:18:58
  • トップページ
  • Androidの小ワザ、裏ワザ
  • Nexus 7(2013)をAndroid 4.4 KitKatに手動でアップデートする方法

  • Nexus 4とNexus 7(2012)を手動でアップデートする方法を書きましたがこれで最後です。1台目のNexus 4は思い出しながら手動でのアップデートを行っていましたが、3台目となるともはや作業ですね。

    ということで、Nexus 7(2013)をAndroid 4.4 KitKatに手動でアップデートする方法です。

    用意するもの

    Android SDKはインストールまでしておきましょう。今回は3G+LTE版のNexus 7(2013)を元に説明していきますが、ファイル名以外の手順は全て同じです。

    手順1.デバッグモードでPCとNexus 7(2013)を接続する

    Nexus 7(2013)の設定アプリを起動して「タブレット情報」に進んでビルド番号を連続でタップします。するとデベロッパーになれます。


    戻るキーで1つ前の画面に戻ると「開発者向けオプション」が表示されるのでこれをタップして、「USBデバッグ」をタップします。


    これでPCとUSB接続するとデバッグモードになります。

    手順2.Nexus 7(2013)のbootloaderをアンロックする

    手動でAndroird 4.4 KitKatにアップデートするために今回はファクトリイメージを使いますが、ファクトリイメージを端末にインストールするにはbootloaderをアンロックする必要があります。

    bootloaderをアンロックすると端末が初期化されるので、それが困るという方はOTAを待った方が良いかと思います。

    まずは、Nexus 7(2013)とPCをUSBで接続した状態でWindowsならコマンドプロンプト、Macならターミナルを使って「adb reboot bootloader」を実行します。すると、bootloaderを起動するので「fastboot oem unlock」を実行します。


    ボリュームキーを使って「Yes」にカーソルを合わせたら電源ボタンを1回押します。


    LOCK STATEがunlockedになればbootloaderのアンロックは完了です。


    手順4.Nexus 7(2013)をAndroid 4.4 KitKatにアップデートする!

    ついにAndroid 4.4 KitKatへのアップデートです。bootloaderをアンロックしたNexus 7(2013)はそのまま放置して次の作業に進みます。

    ダウンロードした「Android 4.4 KitKat Factory Image(KRT16S)」を解凍し、作成されたフォルダ内にある「image-razorg-krt16s.zip」も解凍します。さらに、解凍後にできる「image-razorg-krt16s」にbootloader-deb-flo-04.01.imgを移動します


    上のフォルダをAndroid SDK内のplatform-toolsに移動します。

    移動したら以下のコマンドを順に実行します。
    1. fastboot flash bootloader bootloader-deb-flo-04.01.img
    2. fastboot flash boot boot.img
    3. fastboot flash system system.img
    4. fastboot flash recovery recovery.img
    5. fastboot flash userdata userdata.img

    全てのコマンド処理が終わったらNexus 7(2013)の電源ボタンを1回押します。Android 4.4 KitKatのスプラッシュが表示され、起動すれば作業は完了です。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Androidの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー