2013-12-04 08:00:00
  • トップページ
  • Android
  • Androidの2013年11月度のバージョンシェアが公開ー配信からたった1ヶ月でKitKatが初登場
  • Androidのバージョンシェアが公開ーKitKatが初登場もJellyBeanを下回る
    GoogleがAndroidのバージョンシェアを公開しました!

    先月発売されたNexus 5に搭載され、既に発売済みのNexus 7やNexus 4にもアップデートが配信されたAndroid 4.4 KitKatが初登場したものの1.1%のシェアに留まったことがわかりました。

    Nexus 5発売の影響もあり、KitKatが配信からたった1ヶ月で初登場

    Googleより発表された12月2日時点のAndroidのバージョンシェアは以下のとおりです。
    バージョンコードネームシェア
    (2013年10月)
    シェアの増減シェア
    (2013年11月)
    4.1.xJellyBean37.3%-0.1%37.4%
    2.3.3〜2.3.7Gingerbread26.3%-2.2%24.1%
    4.0.3〜4.0.4Ice Cream Sandwich19.8%-1.2%18.6%
    4.2.xJellyBean12.5%+0.4%12.9%
    4.3.xJellyBean2.3%+1.9%4.2%
    2.2Froyo1.7%-0.1%1.6%
    4.4KitKat1.1%
    3.2Honeycomb0.1%0%0.1%

    上でも記載したとおり初登場となったAndroid 4.4 KitKatのバージョンシェアは1.1%となりました。Android 4.3 JellyBeanは初登場するまでに(シェアが0.1%に満たないバージョンはピックアップの対象にならない)2ヶ月以上かかりましたが、Android 4.4 KitKatはNexus 5の発売もあって配信からたった1ヶ月で1.1%のシェアを獲得することになったかと思います。

    Android 2.3 Gingerbreadが最もシェアを減らす結果に

    シェアの増減に注目すると、Android 4.3 JellyBeanがシェアを最も増やした一方でAndroid 2.3.x Gingerbreadがシェアを最も減らしています。

    Androidの最新版が矢継ぎ早に発表されていたあの時期に発表されたGingerbreadも徐々にシェアを減らし、新しいバージョンのAndroidへと徐々にバトンタッチしているようです。

    Android 4.3 JellyBeanがシェアを増やしている要因としてはやはりNexus 7(2013)が挙げられるかと思います。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Androidの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー