bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-12-14 08:04:17
  • トップページ
  • お役立ちコンテンツ
  • 海外でデータ通信が利用できる「GigSky」は本当に80%もコストを削減できるのか料金比較してみた
  • 海外でデータ通信が利用できる「GigSky」は本当に80%もコストを削減できるのか料金比較してみた
    来年は初の海外旅行に行ってみたいなと思っていたところ、「GigSky」という便利そうなSIMカードが発表されました。

    「GigSky」は、海外でデータ通信が利用できるSIMカードで発売当初は約70ヶ国に対応し、2014年1月には120ヶ国で利用できるようです。

    SIMカードの販売価格は1480円(特別価格)で、気になる利用料金はなんと80%も料金を削減できるとのことですが、本当に80%も削減できるのかキャリアのサービスと料金を比較してみました。

    GigSkyの料金プラン表(2013年12月14日時点)

    全ては網羅していませんがGigSkyの料金プランはこんな感じになっています。
    データ容量有効期限価格
    アメリカ
    オーストラリア
    スペイン
    タイ
    フランス
    韓国
    中国
    175MB7日3000円
    300MB14日4200円
    500MB30日6000円
    イギリス
    イタリア
    オーストリア
    200MB7日3000円
    350MB14日4200円
    1GB30日6000円
    スイス
    日本
    75MB7日3000円
    110MB14日4200円
    165MB30日6000円
    香港

    45MB7日3000円
    70MB14日4200円
    105MB30日6000円

    キャリア提供の海外パケット定額サービスとどっちがおトク?

    キャリアが提供している海外でのデータ通信サービスは、パケット定額のタイプが用意されており、データ容量は無制限で使った場合は3社ともに2980円/日となっています。

    また、ドコモでは1日30MBまで高速にデータ通信ができる(制限後の速度は16Kbps)「海外1dayパケ」が980円/24時間、1280円/24時間、1580円/24時間も用意されていたのでそれぞれのプランとGigSkyのプランを比較してみました。

    どういった感じで比較するか迷ったのですが、僕が毎月利用しているデータ容量が5GBぐらいだったのでこれを元にし、最低でも1日に約160MBは使うだろうと想定して料金を比較してみました。
    3日(480MB)5日(800MB)7日(1120MB)
    全地域一律
    ドコモ
    au
    ソフトバンク
    8940円14900円20860円
    アメリカ
    ドコモ・海外1dayパケ4740円7900円11060円
    GigSky7200円10200円15000円
    スペイン
    ドコモ・海外1dayパケ3840円6400円8960円
    GigSky7200円10200円15000円
    イギリス・イタリア・オーストラリア
    ドコモ・海外1dayパケ3840円6400円8960円
    GigSky6000円6000円9000円
    韓国・タイ
    ドコモ・海外1dayパケ2940円4900円6860円
    GigSky7200円10200円15000円

    ※GigSkyは最安の組み合わせで計算しています。例えば5日(800MB)の場合、3000円(200MB)×4を購入するのではなく、6000円(1GB)で計算しています。

    GigSkyは確かに安いけど、「データローミングコストの80%を削減できる」はちょっと言い過ぎ?

    上記比較表のとおりGigSkyの方が安く利用できるケースもあるようですね。プリペイド式なので想定よりも料金が高くなるということはなく安心して利用できるというメリットもあるかと思います。

    ただ、GigSkyを利用するにはSIMロックフリーの端末が必要となるため、ドコモのスマートフォンであればSIMロックを解除するサービス(3150円)を使ってSIMロックを解除するなり、ドコモのスマートフォンを持っていない場合はSIMロックフリーの端末を購入する必要があるなど、利用料金に加えて別の費用が発生するケースもあります。

    特にSIMロックフリーの端末については機種を選ぶとそれなりの料金がかかるので頻繁に海外に行かないのであれば安い機種を選ぶということはもちろん、現在使っている電話をそのまま持ち込めて容量を気にすることなく使えるキャリアのサービスを選ぶというのもありだなと思いました。

    ということで、データ容量で比較した場合やSIMロックフリーの端末の購入費用も含めるとなると、80%もコストを削減できるというのはちょっと言い過ぎかなとも感じましたが、パケット定額サービス対象外のネットワークに接続した場合などのトラブルも考慮した実際に使われた料金と比較するとそれぐらいになるということでしょうか。

    ちなみに、Twitterでの反応を見てみたところ現地でプリペイドSIMを買って使ったほうが安いとの意見が多かったです。

    あと、どっちを使うにしろ3日間のデータ通信で6000円〜9000円も使うなら1晩うまい飯食った方が良いんじゃないかと思ってきました。

    ▼GigSkyの公式サイトはこちらからどうぞ

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    お役立ちコンテンツの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー