bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-12-24 07:30:00
  • トップページ
  • iPadの噂
  • Apple、2014年後半に大型のディスプレイを搭載したiPadを教育市場向けに投入か
  • Apple、2014年後半に大型のディスプレイを搭載したiPadを教育市場向けに投入かPhoto By Steven Rosenbaum
    DigiTimesが上流のサプライチェーンから得た情報によると、Appleは2014年10月にも教育市場をターゲットとし、12.9インチまたは13.3インチのディスプレイを搭載した次世代iPadの発売を検討しているとのことです。

    教育市場向けに搭載されるiPadとiPad Proは同一機種に?

    今月はじめにAppleが「iPad Pro」の開発を手がけているとお伝えしました。

    その時には「iPad Pro」は、ディスプレイのサイズが12.9インチ、解像度は2Kまたは4Kとなることや、発売時期が2Kのモデルが2014年4月、4Kのモデルが2014年10月になるといった具体的な情報と共にお伝えし、iPad Proの情報が出る前の2013年11月にはAppleが2014年後半にもビジネスと教育市場をターゲットにしたiPadをリリースするとの噂もでており、今回のリークとそれらの情報はおおよそ一致し、これまでの情報の信憑性がより高まるものになるかと思います。

    Appleのティム・クックCEOは2014年は「ビックプラン」を用意していると従業員にコメントしたことが明らかとなりましたが、ディスプレイのサイズを現在のiPadよりさらに大きくした製品では大きな革新は起きないと思うのでこれが本当であれば寂しいところです。

    ただ、2013年後半にでる製品の噂がこの時期にここまで詳細に語られるということは普通ではありませんし、製品が開発される中で流動的に変わるものだと思うので鵜呑みにするのではなく、話半分程度で頭に入れておくのが良いかと思います。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPadの噂の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー