2014-03-11 12:30:00
  • トップページ
  • iOS 7の新機能と使い方
  • iOS 7.1で追加・変更されたアクセシビリティでどう変わるのか画像付きで解説!
  • iOS 7.1で追加・変更されたアクセシビリティでどう変わるのか画像付きで解説!
    iOS 7.1ではCarPlayの対応やSiriの音質向上など様々なアップデートがありましたが、アクセシビリティ周りも大きく追加・変更されています。

    アップデート情報だけでは読み取れないということで1つ1つ画像付きで細かく解説したいと思います!

    iOS 7.1のアクセシビリティ:ボタンの形

    アクセシビリティにて「ボタンの形」をONにすると、左上の”一般”というテキストがボタンの形になります。


    iOS 7でフラットデザインに変更されましたが、ボタンとテキストの区別がつかないとの声が寄せられていましたが、「ボタンの形」をONにすることでボタンとテキストの区別がつきやすくなるかと思います。

    iOS 7.1のアクセシビリティ:コントラストを上げる>透明度を下げる

    「透明度を下げる」を選択すると、ホーム画面のDockやフォルダの透明度が下がって濃く表示されます。


    iOS 7.1ではフラットデザインとともにレイヤーデザインが導入されました。レイヤーデザインは複数の層を重ねあわせて画面を作っているわけですが、透明度を下げることでこの層を認識しやすくなっています。

    iOS 7.1のアクセシビリティ:コントラストを上げる>色を濃くする

    「色を濃くする」を選択すると、ボタンのキャプションやテキストの色などが濃く表示されます。

    あまり大きな差はないのでわかりにくいですが、青色のテキストを比較するとわかりやすいかと思います。


    iOS 7.1のアクセシビリティ:コントラストを上げる>ホワイトポイントを下げる

    ホワイトポイントを下げると、画面の明るさが若干暗くなります。

    コントロールセンターでも画面の明るさを変更できますが、ホワイトポイントを下げるともう少し暗くすることができます。最近のAndroidなどにあるブルーライトカットモードがありますがそれとはちょっと違うみたい。何の用途があるのかはわかりません・・・。

    iOS 7.1のアクセシビリティ:視差効果を減らす

    視差効果を減らすという項目自体はiOS 7.0で追加されたものですが、iOS 7.1では天気やメッセージ、マルチタスク実行時にも適用されるようになりました。


    iOS 7.1のアクセシビリティ:文字を太くする

    文字を太くするという項目もiOS 7.0で追加されたものですが、iOS 7.1ではキーボードや計算機、アイコングリフにも適用されるようになりました。

    キーボードはこんな感じに。キーボードは通常時も太くなってる気がしますね。


    計算機はこんな感じ。


    アイコングリフはこんな感じ。※絵文字のようなアイコンやボタンがアイコングリフです


    iOS 7.1のアクセシビリティを変更する方法

    iOS 7.1のアクセシビリティを変更するには設定アプリを起動して「一般」→「アクセシビリティ」と進みます。


    さらに、アクセシビリティにて「コントラストを上げる」に進むと、新たに追加された「透明度を下げる」「色を濃くする」「ホワイトポイントを下げる」を設定することができます。


    フラットデザインやレイヤーデザインがあまり好きじゃない方や使いにくいという人はこの記事を参考にしてアクセシビリティを調整してみてはどうでしょうか?
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iOS 7の新機能と使い方の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー