bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2014-04-10 12:19:49
  • トップページ
  • iPhone 6の噂
  • iPhone 6で画面は大型になるけど、アプリに影響はないかもしれないーアナリスト予測
  • iPhone 6で画面は大型になるけど、アプリに影響はないかもしれないーアナリスト予測Photo By Martin Hajek
    iPhone 5sに指紋認証センサが搭載されることを早くから予測するなど、信頼性の高いKGI証券のアナリスト、Ming Chi-Kuo氏がiPhone 6に関して詳細な予測レポートを公開しました。

    画面の大型化に伴い、電源ボタンの配置も変更か

    Ming Chi-Kuo氏のレポートによれば、iPhone 6では画面が大型化されるものの、アスペクト比はこれまでに発売されたiPhoneと同じになることからアプリに影響はないようです。
    Both devices will have the same aspect ratio to the iPhone 5, meaning apps will not need to be redesigned for the second time in three years.

    引用元:iPhone 6 Could See Sleep/Wake Button Move, 401 ppi in 5.5″ Model, Sapphire Display in High-End Phones

    画面のインチアップに伴い、アスペクト比も変更されたiPhone 5ではアプリの上下に黒い帯が入るなどユーザーにとっては影響の少ないものでしたが、アプリの開発者は画面のサイズを判定して処理を分けるコードの追加が必要になったり、レイアウトに柔軟性をもたせるなど面倒なものになっていました。

    今回の噂がホントであれば、開発者にとっては非常に嬉しいものになるかと思います。

    このほかにもMing Chi-Kuo氏のレポートには、4.7インチまたは5.5インチにインチアップされても片手で操作できるように電源ボタンが端末の側面に移動するというものも含まれており、大画面化されても影響の少ないような対応が行われるのかもしれません。

    Kuo氏が予測するiPhone 6の詳細なスペック

    レポートにはiPhone 6の詳細なスペックについても含まれていたようです。わかりやすく表にまとめてみました。
    iPhone 6(4.7インチ)iPhone 6(5.5インチ)
    厚さ6.5mm〜7.0mm
    解像度1334×750ピクセル1920×1080ピクセル
    画素密度326ppi401ppi
    CPUA8
    RAM1GB
    Touch ID
    NFC
    バッテリー50〜70%改善

    この他にもベゼル幅は10〜20%細くなり、カメラのスペックは変わらないものの画質は向上するとのことです。

    気になるiPhone 6の発売日については、4.7インチモデルが2014年第3四半期(7月〜9月)、5.7インチモデルが第4四半期(10月〜12月)となり、出荷台数についてはそれぞれ6000万台、900万台となるようです。

    さて、的中率の高いKuo氏の予測ですが、発売日とされる2014年の9月まで変わらないというわけではなく、いつものように徐々に変更・更新されていくものなので現時点では鵜呑みにせず、参考程度にとどめておくのが良いかと思います。

    ▼iPhone 6に関する噂はこちらでまとめています。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone 6の噂の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー