bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2014-06-30 12:30:10
  • トップページ
  • ガジェット製品レビュー
  • 【レビュー】Xperia ZL2のタイムシフトビデオ(スローモーション動画)を試す
  • 【レビュー】Xperia ZL2のタイムシフトビデオ(スローモーション動画)を試す
    ソニーモバイルコミュニケーションズからお借りして、現在レビューしている「Xperia ZL SOL25」

    これまでのXperiaシリーズと同じようにカメラに力が入っており、特に今回は動画にも力が入れられているそうな。動画がキレイに撮れるというのはもちろんのこと、「タイムシフトビデオ」という新機能が追加されていたので試してみました。

    カンタンに撮影できるXperia ZL2 SOL25のタイムシフトビデオ

    タイムシフトビデオの仕組みは、撮影時に多くのコマ数を撮影して、再生時に通常のコマ数で再生することでスローモーションに見えるというもの。Xperia ZL2の場合は、1秒間に120枚のコマを撮影して1秒間に30コマ再生することでスローモーション動画を実現しています。

    実際にタイムシフトビデオを撮影する場合は、カメラモードからタイムシフトビデオを選択して通常どおり動画を撮影するだけ。

    通常の動画の場合は撮影したら終わりですが、タイムシフトビデオは撮影後に動画の編集が入ります。


    左側の孤がスローモーションになる部分を示していて、指で動かしてスローモーションの箇所を変更することができます。


    Xperia ZL2のタイムシフトビデオではスローモーションになる箇所を複数指定できるのが特徴。iPhone 5sでは一箇所しか作れなかったのでこれは嬉しい。


    ただ、この編集作業なかなか時間がかかるのですが、保存後に編集することもできます。

    Movie Creatorというアプリで編集を行うわけですが、動画のトリミングやスローモーションを追加できるだけでなく、スローモーションの速度を1/8、1/4、1/2の3つから指定することもできます。


    もちろんタイムシフトビデオで撮影した動画じゃなくてもスローモーションを追加できますが、撮影時のコマ数が少ないので不自然な仕上がりになります。

    で、実際にXperia ZL2 SOL25で撮影したタイムシフトビデオがこちら



    やはり速い動きをするスポーツとの相性はバツグンで単純に動画を撮影するよりも印象深い動画に仕上がります。操作性もスマホ向けに最適化されていてカンタンに編集できるのがいいですね。これから暑くなってますますスポーツの季節になるので活用する機会も多くなるかと思います。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ガジェット製品レビューの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー