2014-08-01 10:05:26
  • トップページ
  • スマホのオススメ周辺機器とアクセサリ
  • iPhoneの充電器がモバイルバッテリーになる「Nomad Plus」が登場!
  • iPhoneの充電器がモバイルバッテリーになる「Nomad Plus」が登場!
    ワタクシ、モバイルバッテリーを持たない主義でありまして、昨年発売されて大人気になったダンボーのモバイルバッテリーも結局2〜3回しか使っておりません。

    モバイルバッテリーを持たないのは、ついつい充電を忘れてしまって、いざ使えないことがよくあることと、単純に荷物を減らしたいからという理由であります。

    そんな僕向けのモバイルバッテリーが登場したかもしれません。それが今回紹介する「Nomad Plus」です!

    充電忘れが起きにくいモバイルバッテリー「Nomad Plus」

    タイトルにもあるとおり「Nomad Plus」は、iPhoneの充電器がモバイルバッテリーになるデバイス。「Nomad Plus」にiPhoneの充電器を差し込んで使います。


    通常時は、iPhoneの充電器として使うわけですが、充電中に本体に内蔵されている1500mAhのバッテリーにも充電されます。なので「Nomad Plus」をそのまま持ちだしてモバイルバッテリーとして使うことができるというわけ。これなら充電忘れは起きませんよね。

    バッテリーの容量が1500mAhと、モバイルバッテリーとしては少なめの容量が気になるところかもしれませんが、iPhone 5sなら70%まで充電が可能です。1日で170%以上のバッテリーを使うこと、使う人ってそんなにないのではないでしょうか?

    「Nomad Plus」のサイズは、45×45×28mm。iPadの充電器よりも体積比で小さく、重さも60gとモバイルバッテリーとしてはかなり軽くなっています。


    気になる「Nomad Plus」の価格は39ドル、日本円で約4000円+送料約500円となっており、出荷時期は11月30日以降と案内されています。コンセントのタイプはA型となっており、そのまま日本でも使用することができます。

    モバイルバッテリーに容量じゃなく、携帯性を求める人やモバイルバッテリーを使ってみたものの、ついつい充電を忘れてしまって使わなくなってしまった人、ぜひチェックしてみてはどうでしょうか?

    Nomad Plusを開発するNomadでは、カギ型の充電ケーブルやサイフに入れて携帯できるカード型の充電ケーブルも販売しています。使用感のレポートはこちらからどうぞ。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    スマホのオススメ周辺機器とアクセサリの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー