2014-09-05 12:07:58
  • トップページ
  • Appleニュース
  • アップル、iCloudの2段階認証に対応へー不正アクセスの防止策
  • アップル、iCloudの2段階認証に対応へー不正アクセスの防止策
    先日、多数の有名人の「iCloud」のアカウントに対して不正アクセスが行われ、プライベートな写真が大量に流出するセキュリティ事故が起きました。

    その後、アップルは「こういったセキュリティ事故を防ぐためにはApple IDの2段階認証が有効である」という声明を発表しましたが、実は2段階認証はiCloudに対応しておらず、なんの意味も持たないことが発覚します。

    実際に2段階認証がiCloudに対応していないことを証明したエントリーTwitterにて不安や怒りの声とともに拡散されたわけですが、アップルが早急にiCloudを2段階認証に対応させる方針を明らかにしました。

    iCloudの2段階認証はどんなものを保護してくれる?

    アップルのティム・クックCEOがウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューにて今後2週間のうちにiCloudを2段階認証に対応させることを明かしています。
    To make such leaks less likely, Mr. Cook said Apple will alert users via email and push notifications when someone tries to change an account password, restore iCloud data to a new device, or when a device logs into an account for the first time. Until now, users got an email when someone tried to change a password or log in for the first time from an unknown Apple device; there were no notifications for or restoring iCloud data.

    引用元:Tim Cook Says Apple to Add Security Alerts for iCloud Users – WSJ

    具体的には、アカウントのパスワードを変更しようとしたり、iCloudに保存されているデータ(写真やバックアップファイル)が承認していないデバイスに追加されようとすると、メールやプッシュ通知でお知らせされるようです。

    ※上記は2段階認証によって求められる本人確認画面(有料アプリの購入時)

    iCloudの機能には、ウェブでiPhoneやiPadの現在地を確認したり、初期化できたり、iCloudに保存されたリマインダーや連絡先などを確認できる「icloud.com」というサイトがありますが、こちらについては2段階認証に対応するのか明らかにされなかったようです。

    これについては、2週間後、iCloudが2段階認証に対応してから色々と検証してまたお伝えしたいと思います。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー