bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • Appleが新しい特許を申請 – iPhone2.0とは
  • Appleが新しい特許を申請 - iPhone2.0とは
    米Appleは来月にiPhoneの発売を予定しているが、発売を待たずにAppleの次の動きが公開されました。

    Appleの次の動きというのは同社がiPhoneに関する新しい特許を申請したというもの。

    その申請文章の内容というのは

    申請文章には、iPod nanoの背面のタッチスクリーンが搭載されたような絵が描かれ、iPhoneで採用されているタッチスクリーンのインターフェースが搭載され、オプションでキーボードなどを表示することが可能とのこと。

    この申請文章には、次世代のiPhoneが現在発表されているものより薄型化、小型化される可能性があることを示しているようです。(情報元:CNET Japan

    特許申請された技術が必ずそのまま製品化されるということはありませんが、次世代のiPhoneは安くそして小型化、薄型化されると発表されているのに誰が現在発表されているiPhoneを買うというのでしょうか・・・。

    なお、GIGAZINEによるとタッチスクリーンではなく、タッチパッドだとか。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    2件のコメント
    • No.1039

      林檎電話の次世代か?

      Appleが新しい特許を申請 – iPhone2.0とは" href="htt…

    • No.1040

      次期iPod

      携帯総合研究所さんより「Appleが新しい特許を申請 – iPhone2.0とは 」なんと、「iPhone発売を待たずにAppleの次の動きが公開されました。 」との事。何かと話題な「iPhone」ですが、iPhoneに関する新しい特許を申請したという事で次世代「iPhone」では?という憶

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー