bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • ソフトバンクモバイル6月の契約数もトップ!
  • ソフトバンクモバイル6月の契約数もトップ!
    電気通信事業者協会(TCA)は、2007年6月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表しました。先月はソフトバンクモバイルが初の首位を獲得、NTTドコモは最下位に落ち込むという結果になりました。

    夏モデルが多数発売された6月の契約数で首位を獲得したのはまたしてもソフトバンクモバイル。また、今月よりイー・モバイルの契約数も公開されています。

    ドコモは今月も最下位。不振はまだまだ続くようです。

    NTTドコモは8万8800人の純増、auが20万7700人の純増、ツーカーが7万4500人の純減、ソフトバンクは20万4800人の純増という結果になりました。イー・モバイルの契約数は四半期ごとに発表されることになっており、4月-6月の契約数は6万200人。

    また、先日お伝えした通り2in1の契約数は1として数えることになっています。ちなみに6月の2in1の利用者は5万4000人となっており、累計は6万6800人と発表されています。

    第3世代携帯電話の契約数では、ドコモが74万5300人、auが22万2000人、ソフトバンクが52万7100人。インターネットサービスは、iモードが5万8700人、EZwebが13万7100人、Yahoo!ケータイが22万2,400人の純増となっており、こちらでもソフトバンクモバイルが圧倒的にトップを獲得しました。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    3件のコメント
    • No.1158

      ソフトバンクの勝因は安さでしょうか。

    • 携帯総合研究所管理人@xeno
      No.1159

      舞さんこんばんはm(_ _)m
      ソフトバンクの勝因は安さの他に端末の質もあるとおもいます。
      特に今はシャープがどのキャリアでも絶好調なのでそれの効果もあるでしょう。

    • SO回帰
      No.1160

      DoCoMoは、まだまだ一人勝ちの感があるから、更に減るかな。
      HSPDA向けの映像・音楽配信のコンテンツの充実を、i-modeサービス並に図ると思います。
      勝負は、今年の秋以降の各キャリアのコンテンツの充実ぶりに関わると思います。
      各キャリアのハイスペック端末の仕様・性能自体は、大差がない。
      DoCoMoは、今は焦らずHSPDA向けのコンテンツの充実を図るべき。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー