bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Super 3G(スーパー3G)

Super 3Gとは、次世代高速通信規格となっており、3Gから4Gへスムーズに移行するための3.9Gとして位置づけられています。

NTTドコモでは2007年7月14日より「Super 3G」の実証実験を行っており、最終的には下り300Mbps、上り50Mbpsと、FOMAの約780倍、HSDPAの約41.5倍~83倍という通信速度を実現する予定です。
現在、最も普及しているW-CDMAの通信最大速度は上り384kbps、下り384kbpsでドコモの905iシリーズで標準搭載されるHSDPAはその名の通り下り方向の通信速度を向上させたもので、通信速度は下り最大3.6Mbpsです。「Super 3G」は 、これらの次世代通信規格となっています。

下り300Mbpsといった通信速度を利用した映画がまるまる一本配信される可能性もあり、登場が期待されています。

なお、NTTドコモでは2009年には開発を完了し、2010年以降には実用化する予定です。
この記事も読まれてます!
Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
3件のコメント
  • 匿名
    No.1403

    3Gから4Gにスムーズに移行するための3.9Gですか?
    3.5Gじゃ…?

  • 携帯総合研究所管理人@xeno
    No.1404

    名無しさんこんばんわ。
    3.5GはHSPA(HSDPAとHSUPA)です。
    Super 3Gはより4Gに近く、4Gへスムーズに移行させるため3.9Gとなっています。

  • 匿名
    No.1405

    なるほど!
    そーゆうことですか!
    ありがとうございます!

コメントを残す

(任意)
(任意)

携帯用語辞典の人気エントリー
本日の人気エントリー
今週の人気エントリー