2016-03-02 12:30:05
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • Xperia Z5
  • Xperia Z5、Android 6.0のアップデートで「スタミナモード」が使用不可に
  • Xperia Z5、Android 6.0のアップデートで「スタミナモード」が使用不可に

    本日、ドコモから発売された「Xperia Z5 SO-01H」「Xperia Z5 Compact SO-02H」「Xperia Z5 Premium SO-03H」向けにAndroid 6.0のアップデートが配信されていますが、アップデート後、「スタミナモード」と「低バッテリーモード」が削除されています。

    Android 6.0のアップデートで、「スタミナモード」と「低バッテリーモード」が使用不可に

    Xperiaシリーズには、バッテリーを節約するための「スタミナモード」が長らく搭載されていました。画面オフ時にアプリの動作を一部制限したり、動作中は画面のフレームレートを下げることで電池消費量を抑える機能でしたが、Android 6.0にアップデートすると、使用できなくなります。

    さらに、電池残量が少ない時に電池消費量を抑える「低バッテリーモード」もアップデートによって削除されています。

    Xperia Z5、Android 6.0のアップデートで「スタミナモード」が使用不可に
    Xperiaの節約機能「スタミナモード」と「低バッテリーモード」

    ソニーが公開したアップデート内容によると、「低バッテリーモード」は、Android 6.0で追加されたDozeなどのAndroid標準機能に集約されたことで削除され、「スタミナモード」は、4月下旬以降のソフトウェアアップデートで追加されるとのことです。

    「STAMINAモード」が一時削除になった理由は明かされていませんが、Android 6.0では、「Doze」や「App Standby」など消費電力を抑える機能が追加されました。これらのAndroid標準機能がスタミナモードの機能と重複しているため、一時削除され、大幅に整理・変更せざるを得なくなったものと思われます。

    スタミナモードの削除で、電池消費量にどれぐらいの影響があるかは不明ですが、バッテリー容量の少ない「Xperia Z5 Comapct」をアップデートする時は注意が必要です。

    価格:93,312円
    月々サポート:-44,064円
    実質支払金:49,248円
    ※機種変更時の価格
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Xperia Z5の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー