bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • Appleニュース
  • Apple、世界エイズデーでアップルストアのロゴが赤色に。アプリ収益の寄付も実施
  • Apple、世界エイズデーでアップルストアのロゴが赤色に。アプリ収益の寄付も実施

    12月1日は世界エイズデー。Appleは世界エイズデーに敬意を表し、エイズ感染者がいない世代の誕生を目指す(RED)プロジェクトにユーザーが気軽に参加できるような取り組みを毎年提供している。

    今年は一部アプリが売り上げた課金収益の全額寄付、街中にあるアップルストアのロゴが赤く点灯するといった2つの取り組みが実施されている。

    クラッシュシリーズアプリの収益が寄付金に

    アプリ内課金の売り上げが全額寄付の対象となるアプリケーションは「キャンディークラッシュシリーズ」の3本(キャンディクラッシュキャンディクラッシュゼリーキャンディクラッシュソーダ)。昨年は販売収益の一部が寄付されるPRODUCT(RED)の新製品を4つ投入していたが今年はそういった動きはない。

    知ってのとおりPRODUCT(RED)製品は年間通じてApple StoreやApple公式サイトでも購入することが可能。PRODUCT(RED)から生み出された寄付額は過去11年間で約180億円に到達している。

    なお、こういった世界エイズデーの取り組みはまだまだ認知度が低いこともあり、Appleは世界エイズデーへの関心を高めるために直営のApple Storeのアップルロゴを赤色に変更するなどの取り組みも行っている。

    Apple 表参道

    Apple 表参道

    Apple 銀座

    Apple 銀座
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー