2016-04-08 08:52:57
  • トップページ
  • iOS 9
  • アップル、「iOS 9.3.2 パブリックベータ」の配信開始
  • アップル、「iOS 9.3.2 パブリックベータ」の配信開始

    アップルが、3月下旬の正式配信が予想される「iOS 9.3.2」のパブリックベータの配信を開始しました。

    iOSのパブリックベータ版は、昨年配信されたiOS 8.3から導入されています。リリース前・開発途中のiOSを一般ユーザーに公開して評価フィードバックを得ることで、リリース前に不具合を解消し、正式版の品質向上に役立てるプログラムになっています。

    iOS 9.3.2は、バグの修正と機能改善のマイナーアップデートに

    「iOS 9.3」では、ブルーライトを軽減する新機能「Night Shift」、コントロールセンターにブルーライトモードのON/OFFが可能な「Night Shift」ボタンを追加、「メモ」アプリで作成したメモに指紋認証・パスワードの追加、「ヘルスケア」アプリの機能向上、「CarPlay」のApple Music対応強化、教育機関で使用するiPad向けにマルチユーザーの対応などが追加されました。

    今回、配信された「iOS 9.3.2」は、マイナーアップデートでバグの修正と機能改善がメインとなるようです。

    6月には「iOS 10」が先行発表か

    なお、今年6月の開催が予想される開発者向けのイベント「WWDC 2016」では、次期「iOS 10」が先行発表され、発表直後にパブリックベータ版が提供されるはずです。

    iOS 9.3.2は、「iOS 10」先行発表前に配信される最後のパブリックベータ版となるかもしれません。

    iOS 9.3.2パブリックベータ版のインストール・アップデート方法

    iOS 9.3.2のパブリックベータを利用するには、Apple Beta Software Programに参加登録してパブリックベータ版をインストールする必要があります。既にパブリックベータ版を利用している場合は、「設定」から「一般」→「ソフトウェアアップデート」からアップデートすることが可能です。

    アップル、「iOS 9.3.2 パブリックベータ」の配信開始 アップル、「iOS 9.3.2 パブリックベータ」の配信開始 アップル、「iOS 9.3.2 パブリックベータ」の配信開始

    「iOS 9.3.2」の一部機能はプレビューページで公開していますが、アップルが公開していない機能や画面をFacebookやTwitterなどのSNS、ブログ等で公開したり、画面を他人に見せることも利用規約で禁じています。

    ▼パブリックベータ版のインストール方法は、iPhoneのバックアップ方法も含めて以下の記事で詳しく解説しています。


    なお、パブリックベータ版は多数の不具合を含んでいるため、利用する場合は旧機種のiPhoneを利用するか、比較的安いiPod touchにインストールするのがオススメです。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iOS 9の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー