2015-05-28 16:37:19
  • トップページ
  • DMM mobile
  • 格安SIM
  • DMM mobile、値下げで全プラン最安を維持――ぷららに即対抗
  • DMM mobile、7GBのプランを値下げで全プラン最安を維持――ぷららに即対抗

    業界最安を掲げる格安SIMサービス「DMM mobile」は、データ量を7GBに設定したプランを値下げすることを発表しました。

    先日、ぷららモバイルLTEがこれまでデータ量を3GBに設定していたプランを料金据え置きでデータ量を7GBまで大幅増量することを発表して大々的に「業界最安値」と打ち出していましたが、DMM mobileが再び最安値で提供することになります。

    DMM mobile、7GBプランを160円値下げ。5月利用分から適用

    DMM mobileが値下げを行うのは、データ量が7GBに設定された「データSIMプラン」と「データ通話プラン」の2つのプラン。

    全プラン業界最安値を打ち出した2015年3月には、データSIMプランを2,040円、データ通話プランを2,740円に値下げすることを発表していましたが、今回のさらなる値下げにより、それぞれ、1,880円、2,580円まで値下げされることになります。

    この値下げによって、ぷららモバイルLTEが提供する料金に比べて、いずれも6円安くなり、再びDMM mobileが全プラン業界最安値となります。

    値下げ前値下げ後値下げ幅
    データSIMプラン2,040円1,880円-160円
    データ通話プラン2,740円2,580円-160円

    また、ぷららモバイルLTEは改定後のプランの受付を5月25日より開始しており、既存の契約者向けには6月1日よりデータ量の増量を適用するとしていますが、DMM mobileは、今回の値下げを即日提供し、既存の契約者向けにも5月利用分から新しい料金を適用すると発表しています。

    DMM mobile」のユーザーとしては、他社が最安値を発表してからたったの3日後の発表、さらに翌月からではなく、当月から適用されるという、とてつもない早さでの対抗と値下げの適用は嬉しいところ。今後も期待できそうです。

    一方で業界最安値として打ち出したものの、業界最安値で提供できなかったぷららモバイルLTEはちょっと気の毒ですね・・・

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    格安SIMの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー