bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • Android
  • ベゼルレススマホ「Essential Phone」が発売間近?日本発売も計画か
  • Androidの父が開発した「Essential Phone」が発売間近。日本発売も計画か

    Androidの生みの親として知られるアンディ・ルービン創業のEsssentialが発表したスマートフォン「Essential Phone」が日本でも発売する計画があるようだ。

    最近ではNHKが「iPhone 8」でも採用されると噂のベゼルレススマートフォンのイメージ画像としてEssential Phoneを使用したことでも話題になった。

    Androidの父が生み出した「Essential Phone」が発売間近

    Financial Timesがイギリスと西ヨーロッパ、そして日本で「Essential Phone」が発売される計画があると伝えた。

    Essential Phoneは5月末の発表と同時に予約受付をスタートしたが、現時点で未発売。いまだに販売時期も明かされていないが、記事内でEsssentialのNiccolo de Masi社長が「発売間近」とコメントしたことが明かされている。

    Essential Phoneの特徴はベゼルレスを採用したスタイリッシュなデザインと拡張性だ。

    ディスプレイを囲うフチをフロントカメラ周りを極限まで削ぎ、ディスプレイ下部にわずかな厚みを残すことでベゼルレスを実現。5.71インチの巨大なディスプレイを搭載しながら、細長い画面比率にしたことで横幅は71mmのコンパクトボディに収めている。参考までに紹介すると、5.5インチの画面を採用したiPhone 7 Plusの横幅は77.8mm。

    カラーバリエーションはブラックムーン、ステラグレー、ピュアホワイト、オーシャンデプスの4色。敬遠されがちなメーカーやキャリアのロゴはボディにプリントされてない、ボディはチタン製で高い耐久性を誇るためカバーケースも販売しないとしている。

    本体背面に配置された磁気コネクタにはワイヤレスで拡張パーツを取り付けられる。拡張パーツ第1弾として発表されているのは世界最小の360°カメラだ。本体に装着するとEssential Phoneから電源が供給され、360°の動画と写真が撮影できるカメラとして利用できる。

    Androidの父が開発した「Essential Phone」が発売間近。日本発売も計画か

    世界最小の360°カメラ

    Essential Phoneの本体価格は699ドル(約79,525円)。360°カメラとのセット価格が898ドルだが、期間限定として749ドル(約85,214円)で予約販売中。

    スペック

    OSAndroid 7.1.1
    サイズ・重さ141.5×71.1×7.8mm / 185g
    ディスプレイ5.71インチ / QHD(2,560×1,312ピクセル)
    カメラ13MP、f/1.85 / 8MP、f/2.20
    プロセッサSnapdragon 835
    2.45GHz×4 + 1.9GHz×4
    メモリ・ストレージ4GB / 128GB
    バッテリー容量3,040mAh
    モバイルデータ通信 UMTS/HSPA+: 1/2/4/5/6/8
    GSM: 850/900/1800/1900 MHz
    CDMA EV-DO Rev. A: 0/1/10
    FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/20/21/25/26/28/29/30/66
    TDD-LTE: 38/39/40/41/42/43
    TD-SCDMA: 34/39

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Androidの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー

    まだデータがありません。

    今週の人気エントリー