2016-03-03 17:49:47
  • トップページ
  • Googleニュース
  • 「支払いはGoogleで」、スマホをかざさない決済サービスが登場
  • グーグル、口頭決済の試験運用を開始――「支払いはGoogleで」

    グーグルが、サイフやカード、そしてスマートフォンもポケットから取り出す必要がない決済サービス「Hand Free(ハンズフリー)」の試験運用を開始したことを明らかにしました。

    「支払いはGoogleで」、グーグルが口頭決済サービスの試験運用をスタート

    グーグルが試験運用を開始したのは口頭で「支払いはGoogleで」と店員に伝えるだけで決済が完了するサービスです。サービス名は「Hands Free(ハンズフリー)」

    グーグルは昨年5月に「Hands Free」を発表、2015年内にも試験運用を開始するとしていましたが、3ヶ月遅れの今日になって試験運用を開始しました。

    「Hands Free」のPR動画

    グーグルは、「Hands Free」に関する動画を公開しています。その中で料金を支払うためにカバンからサイフを探したり、

    グーグル、口頭決済の試験運用を開始――「支払いはGoogleで」

    サイフからお札を探したり、

    グーグル、口頭決済の試験運用を開始――「支払いはGoogleで」

    カードが認識されないなど、とにかく料金を支払う時に誰もが一度は経験するような”あるある”を紹介

    グーグル、口頭決済の試験運用を開始――「支払いはGoogleで」

    そこに赤ん坊を抱いて両手がふさがったお母さんが登場し、店員に「支払いはGoogleで」と告げただけで支払いを完了し、店を後にしています。

    グーグル、口頭決済の試験運用を開始――「支払いはGoogleで」


    「Hands Free」を利用するには専用アプリのダウンロードが必要

    決済時の本人確認のために、スマートフォンに専用アプリをダウンロードして、自分の写真を設定する必要があり、店舗側には専用のカメラを設置する必要があります。

    店舗側に専用カメラがなければ、「支払いはGoogleで」に加えて、自分の名前(イニシャル)を伝える必要があります。

    「Hands Free」の仕組みは、スマートフォンのBluetooth・Wi-Fi・GPSを使って、対応店舗に利用者が来店していることを検知。店舗側に設置された専用のカメラと、アプリで設定した顔写真の突合して、顔認証を行うことで本人確認を行い、決済を済ませます。

    試験運用はアメリカの一部地域で開始

    「Hands Free」の試験運用は、アメリカのサンフランシスコ・ベイエリアにあるマクドナルドと、ピザチェーンのPapa John’s Pizzaにてスタート。

    また、昨年5月の発表から「Hands Free」を導入する店舗をウェブサイトで募集しており、今後、対応店舗を拡大していく予定だそうです。

    試験運用が成功すれば、Android Payへの機能拡張も?

    グーグルは、昨年発表したモバイル決済サービス「Android Pay」を提供しています。「Hands Free」の試験運用が上手くいけば、スマホをポケットから取り出すことなく決済できる機能がAndroid Payに取り込まれる可能性もあるかもしれません。

    なお、「Hands Free」は、AndroidとiOSで利用が可能ですが、日本のAppStoreではアプリが公開されていません。

    Hands Free
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Googleニュースの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー