bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • LINEの使い方
  • LINEで写真を加工する方法。切り抜き/サイズ変更・手書き・文字入れを解説
  • LINEで写真を加工する方法。切り抜き/サイズ変更・手書き・文字入れを解説

    LINEが2017年4月に配信したiPhone向けLINEアプリのアップデートで、写真の切り抜きや手書きのらくがき、テキストを付けるーー文字入れができるようになりました。なお、Android向けのLINEでは手書きや文字入れはできませんが、写真の切り抜きのみ可能です。

    これまでのLINEでは写真にフィルターをかけたり、向きを回転させることしかできなかったので、他のアプリで写真を編集してから送る人も多かったと思いますが、アプリ内に加工機能が加わったことでLINEだけでカンタンに写真を編集して送ることができます。

    この記事では、写真の切り抜き(サイズ変更)、手書き、文字入れする方法を解説します。

    目次


    LINEに写真の加工機能が追加された

    これまでのLINEでは写真の編集画面にフィルタアイコンと回転アイコンのみが表示されていましたが、バージョン7.3.0のLINEアプリではフィルタのほかに「切り抜き」「手書き」「文字入れ」が追加されました。なお、写真の回転は切り抜きに統合されています。

    LINEに写真の加工機能が追加・改善

    LINEで写真を切り抜く(サイズ変更)、回転する

    いつもどおりLINEアプリのトーク画面を表示して「+」アイコンをタップします。写真のサムネイルをタップするか、メニューに表示された「写真/動画」を選択します。

    LINEで写真を切り抜く(サイズ変更)、回転する LINEで写真を切り抜く(サイズ変更)、回転する

    送る写真を選んだら右上の加工アイコンをタップします。写真の編集画面が表示されるので、画面左したに表示されるツールバーで左から2番目の切り抜き・回転のアイコンを選びます。

    LINEで写真を切り抜く(サイズ変更)、回転する LINEで写真を切り抜く(サイズ変更)、回転する

    画面の下に表示されたツールバーで「カスタム」が選択された状態で四隅に表示された緑色の枠をスライドすると、好みのサイズで写真の切り抜きができます。サイズを固定したまま写真を切り抜く場合は、正方形の「1:1」、iPadの壁紙・待ち受けに適した「3:4」、iPhoneの壁紙・待ち受けに適した「9:16」から選びます。元に戻したい場合は画面上部の「リセット」をタップすると切り抜きが解除されます。

    LINEで写真を切り抜く(サイズ変更)、回転する LINEで写真を切り抜く(サイズ変更)、回転する

    写真を回転する場合は1番左の回転アイコンをタップします。1回タップするごとに左回りで90度ずつ回転できます。

    LINEで写真に手書き/落書きする

    LINEアプリのトーク画面を表示して「+」アイコンをタップします。写真のサムネイルをタップするか、メニューに表示された「写真/動画」を選択します。

    LINEで写真に手書き/落書きする LINEで写真に手書き/落書きする

    送る写真を選んだら右上の加工アイコンをタップ。編集画面が表示されたら右から2番目のアイコンを選びます。

    LINEで写真に手書き/落書きする LINEで写真に手書き/落書きする

    画面下にパレットが表示されます。一番左のアイコンは筆・ペンのサイズで5段階の太さから選べます。カラーは20色が用意されています。画面に表示されていないカラーを選ぶにはパレットを左右にスライドします。

    LINEで写真に手書き/落書きする LINEで写真に手書き/落書きする

    LINEでテキストを文字入れする

    LINEアプリのトーク画面を表示して「+」アイコンをタップします。写真のサムネイルをタップするか、メニューに表示された「写真/動画」を選択します。

    LINEでテキストを文字入れする LINEでテキストを文字入れする

    送る写真を選んだら右上の加工アイコンをタップ。編集画面が表示されたら右端の「T」アイコンを選びます。

    LINEでテキストを文字入れする LINEでテキストを文字入れする

    キーボードを使って文字を入力したら、カラーパレットを選択して文字の色を変更します。文字ひとつひとつのカラーを変更することはできず、全てのカラーが変更されます。文字入れが終わったら画面右上の「完了」をタップします。

    LINEでテキストを文字入れする

    入力した文字を指で動かすと好きな位置に移動したり、2本の指で文字をつまんで拡大/縮小したり、指を傾けて文字を回転させることができます。また、入力した文字を消したい場合は文字を指で抑えたまま画面下に動かしてゴミ箱に重ねると削除されます。

    LINEでテキストを文字入れする LINEでテキストを文字入れする

    LINEの写真加工はこんな時に使える

    LINEに追加された写真の加工機能は高機能なものではなく、切り抜き・回転・落書き・文字入れ・フィルタと、使える機能はかなり限定されたものになっています。写真をキレイに加工することはできませんが、スクリーンショットを撮影して操作手順を説明したり、記事の内容を強調してシェアするのにとても便利な機能です。

    LINEの写真加工はこんな時に使える
    スクリーンショットで操作手順を説明するのに便利

    写真をキレイに加工するなら別のアプリを使いましょう。LINEがリリースしている自撮りアプリ「B612」や料理の撮影に特化した「Foodie」(Android / iOS)がオススメです。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    LINEの使い方の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー